「ED.JPドメイン」から探す!IT製品・セミナー情報

「ED.JPドメイン」 に近い情報
「ED.」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ED.JPドメイン」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ED.」に関するIT製品情報

統合EDIサーバー構築パッケージ ROS3[ロス・キュービック]  2015/11/01


セイコーソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  EDI | SCM | ネットワーク管理 | 開発ツール | EC | アクセス解析

製品概要  レガシーEDIからSFTP、流通BMSまで、EDIシステムで必須の運用・管理機能をサポート。汎用性と柔軟性に優れたソフトウェアとして、流通・金融を中心に販売実績2500本以上。

オススメユーザー  既存システムを安価にリプレースしたい企業。クラウド環境にEDIシステムを構築したい企業。2025年問題への対応を検討中の企業。


受発注業務効率化ソリューション(WEB-EDI) 「LINK-EDI」  2016/02/22


東計電算

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●基本料 5万円(月間5万行までのデータ処理料含む)●処理料 0.5円/1行(月間5万行を超えた場合、1行ごとに課金)※税別

カテゴリ  EDI |

製品概要  24時間365日安心・安全な運用サービスを提供する東計電算データセンター上で利用可能なWEB-EDIクラウドサービス。

オススメユーザー  得意先や仕入先と連携可能なEDIを実現し、事務作業の軽減や受注ミスの防止、更には業務のスピードアップを図りたい企業。


企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services  2017/06/24


GXS

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  EDI |

製品概要  B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。

オススメユーザー  企業間B2Bデータ連携に関する運用管理コストを削減したい企業。自社運用での対応に限界を感じている企業など。


CompuSec  2013/11/01


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Basic Edition: 8000円Standard Edition: クライアント 1万2500円〜 / 管理ツール 20万円SW: 1万2800円SW: ダウンロード版 9800円※税別

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  モバイルPCやデスクトップPCを対象に起動前認証やハードディスク全体の暗号化を行う、認証・暗号化セキュリティソフト。

オススメユーザー  機密情報・顧客情報の取り扱いに不安を感じている企業。パソコンからの情報漏洩対策を検討中の企業。


ManageEngine ADManager Plus  2014/10/15


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 33万5000円から(管理者1名の場合、初年度保守サポート込み、消費税別)

カテゴリ  ID管理 | 認証

製品概要  Active Directory ID管理ソフト。CSVによる一括設定、スケジュール設定による作業自動化で、人事異動や組織改編時のシステム部門の工数削減に寄与。

オススメユーザー  Active Directory管理を効率化したい情報システム、人事、総務の担当者


「ED.」に関するセミナー情報

OracleからSQL Serverへの移行

サードウェア/グローバル・アスピレーションズ


開催日

 12月5日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データベースソフト |

概要  【Oracle Database Standard Edition One の廃止】Oracle社は2016年3月、中小規模向けで安価だった「Oracle Da…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


HPE Unified Functional Testing体験セミナー

主催:アシスト


開催日

 12月12日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  テストツール | 開発環境/BaaS

概要  機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テスト、回帰テストにおける効率化/正確性の向上/短期化を実現し、…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


N3N社のSmart Visual Editor-WIZEYE-でデータの見える化を実現! 締切間近

マクニカネットワークス


開催日

 11月29日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他データ分析関連 |

概要  N3N社の可視化プラットフォームIoT Editor - WIZEYEは、企業内の様々な定型/非定型の異種データを統合/階層化してリアルタイムに可視化し、1つの…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ|システムの設計・運用


Red Hat Forum 2017 フォローアップセミナー 締切間近

日本ヒューレット・パッカード/レッドハット


開催日

 12月5日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データセンター運用 | IaaS/PaaS | その他データセンター関連

概要  ITがビジネスを支える基盤として重要度が高まる中、更なる運用最適化が不可欠です。本セミナーではRed Hat Froum 2017のフォローアップとして、データ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


Red Hat Forum 2017 フォローアップセミナー

日本ヒューレット・パッカード/レッドハット


開催日

 12月7日(木)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  データセンター運用 | IaaS/PaaS | その他データセンター関連

概要  ITがビジネスを支える基盤として重要度が高まる中、更なる運用最適化が不可欠です。本セミナーではRed Hat Froum 2017のフォローアップとして、データ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「ED.」に関する特集



家庭の照明としても一般的になった「LED」。次世代LEDの素材は、なんと“ダイヤモンド”!その仕組み・メリットを解説します!


カテゴリ  その他オフィス機器関連 |




通信実現のための約束事「プロトコル」。今回は、その概念と階層化モデルとしての「OSI参照モデル」について解説します。また、業界ごとに決められている全銀手順やJCA手順など「EDIの仕組み」についてもご紹介!


カテゴリ  EDI |




悪質パケットが飛び交うネット社会のありさまをリアルタイムに観測!対サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS」を紹介します。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ED.」に関するニュース



 システムサポート(STS)は、アイエスエフネット(ISFnet)と協業し、「Oracle Database」が構築済みで即運用可能なサーバを手軽・安価に導入できるパック製品「おてがる!オンプレDBサーバーパック for Oracle」を5月24日に発売した。本パックには、ハードウェア一式、Oracleのソフトウェア「Oracle Database Stan…


カテゴリ  データベースソフト |




 エンタープライズDB(EDB)は、「Postgres」データベース向け管理ツールの新バージョン「EDB Postgres Enterprise Manager 7」をリリースする。大量のPostgresデータベースを従来に比べ効率的に制御・管理できる性能を備えた、使いやすいWebクライアントを提供する。今回の新バージョンは、柔軟なアーキテクチャ…


カテゴリ  データベースソフト | その他運用管理関連




 Skeedは、高速ファイル転送ソリューションの主要製品に新機能を追加する。本ソリューションは、長距離通信や回線品質の劣化に伴い伝搬遅延をきたす従来のTCPの欠点を克服するために、動的帯域制御機能を持つファイル転送プロトコル「SkeedSilverBulletProtocol」を装備する。これにより、他の通信と公平に共存しつ…


カテゴリ  ファイル転送 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ED.JPドメイン」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ