「ECU ECM違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「ECU ECM違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ECU ECM違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ECU ECM違い」に関するIT製品情報

Sophos UTM(旧Astaro Security Gateway)  2013/06/15


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  UTM | SDN | ファイアウォール | メールセキュリティ | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  ニーズに応じて必要な機能を選択し、ソフトウェア/ハードウェア/仮想アプライアンスなど、ビジネスに最適なプラットフォームを導入できる保護ソリューション。

オススメユーザー  UTMの導入を検討中、または企業内ネットワークセキュリティを強固にしたいSOHOから中小企業、大規模企業、サービスプロバイダ。


メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」  2012/06/15


富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンスパック10:4万5000円年間保守:1万2000円*税別

カテゴリ  メールセキュリティ | UTM | 検疫 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  送信前にメールの内容と誤送信につながるリスクを確認させることで、メール誤送信を防止する製品。メール誤送信による情報漏洩や企業の信用失墜を防ぐ。

オススメユーザー  メール送信の「うっかりミス」による情報漏洩を防止したい企業。手軽に導入できるメールセキュリティ製品をお探しの企業。


モバイルWebブラウザアプリ 「CLOMO SecuredBrowser」  2017/03/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:1万9800円/契約月額費用:ライセンス 250円/デバイス     基本利用料 2100円/契約※税別

カテゴリ  フィルタリング | その他スマートデバイス関連 | メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  「CLOMO SecuredBrowser」を利用することで、業務外サイトの閲覧制限や操作・閲覧履歴の取得、一括ポリシー設定などが可能。モバイルのセキュリティを手間なく強化できる。

オススメユーザー  スマートデバイスのサイト閲覧を制限し、セキュリティを強化したい企業の管理担当者。


Proofpoint標的型攻撃(APT)対策ソリューション  2012/06/30


日本プルーフポイント

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | リモートアクセス | ファイアウォール | UTM | ビッグデータ

製品概要  次世代型サイバー攻撃対策 - ビッグデータ技術を活用し、電子メールを利用した未知の脅威を検出・可視化する次世代技術。

オススメユーザー  レガシーな迷惑メール対策を利用中の企業。クラウド型、オンプレミス型、あらゆるメール環境のセキュリティを強化したい企業。


ウイルスバスター コーポレートエディション  2014/03/15


トレンドマイクロ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 新規購入料金:9550円(1ライセンスあたり/Aランク/税別)※新規最低購入数量:5クライアントより

カテゴリ  アンチウイルス | UTM | フィルタリング | 認証 | 統合運用管理

製品概要  クライアントPCなどエンドポイントのセキュリティを、ネットワーク/システムにかかる負荷を抑えながら、より強固なものにするセキュリティソリューション。

オススメユーザー  大規模ネットワーク環境や物理/仮想混在環境を効率よく運用管理し、エンドポイントのセキュリティを強化したい企業。


「ECU ECM違い」に関する特集



 最終回の今回は、前回説明したクライアント型のメール誤送信対策の導入の注意事項に加え、弊社ソリューションであるSecureCube / Mail Adviserのご紹介及び、1万クライアント以上でご導入いただいた企業の事例を説明する。


カテゴリ  メールセキュリティ |




日本年金機構の漏洩事故に学ぶ。予防から再発防止対策までを司る「CSIRT」の意義と構築のための基礎知識を解説。


カテゴリ  アンチウイルス | UTM | フィルタリング | メールセキュリティ




IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編のランキング結果は?


カテゴリ  アンチウイルス | UTM | メールセキュリティ


「ECU ECM違い」に関するニュース



 日本事務器(NJC)は、クラウド型メール・Webセキュリティサービス「Email & Web Security あんしんプラス」を2016年11月に発売する。メールに起因して侵入するスパムメールやフィッシング詐欺などの入口対策に加え、C&C通信検知などの出口対策も行える。本サービスのメールセキュリティ機能では、次世代ファイル…


カテゴリ  メールセキュリティ | その他ネットワークセキュリティ関連




 トレンドマイクロは、クラウドサービス「Office 365」のメールシステムのセキュリティ強化を目的に、クラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security(CAS)」を国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)が導入したと発表した。産総研では、2015年夏ごろから、全国に勤務…


カテゴリ  メールセキュリティ |




 サイバーソリューションズは、標的型メール攻撃対策を行えるメール無害化ソリューション「CyberMail-ST」とアズジェントのファイル無害化ソリューション「VOTIRO Secure Data Sanitization」を連係する「VOTIRO連携オプション」の提供を開始した。価格は30万円(税別)。本オプションでは、添付ファイルの無害化処…


カテゴリ  メールセキュリティ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ECU ECM違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ