「E文書法 電子帳簿保存法 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「E文書法 電子帳簿保存法 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「E文書法 電子帳簿保存法 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「E文書法 電子帳簿保存法 違い」に関するIT製品情報

Pandora-AX  2016/09/01


NTTデータビジネスブレインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 最小5クライアントライセンス 150万円〜(税別)

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム

製品概要  e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。

オススメユーザー  高度な帳票セキュリティ強化と帳票データの活用・業務改善・電子帳簿保存法への対応をお考えの企業。


「E文書法 電子帳簿保存法 違い」に関する特集



法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請した企業はごく少数。厳しい規制を設けていた電子帳簿保存法の改正で規制が緩和された。何がどう変わったのか?


カテゴリ  文書管理 |




電子帳簿保存法の改正で、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和された。現場のスキャニング作業はどれだけ簡単になるのだろうか?また、2016年にはスマホによる電子化も解禁されそうだという。最新動向を追った。


カテゴリ  文書管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「E文書法 電子帳簿保存法 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ