「E文書法 改正 オープンソース」から探す!IT製品・セミナー情報

「E文書法 改正 オープンソース」 に近い情報
「E文書法 改正」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「E文書法 改正 オープンソース」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説オープンソースとは?

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラム)を、インターネットなどを通じて無償で公開し、そのソフトウェアに対して誰でも改良や再配布が行えるようになっているソフトウェアのこと。オープンソースでは、これを促進・啓蒙する非営利組織として1998年に「Open Source Initiative(OSI)」が設立されており、国内においても2000年に「オープンソースグループ・ジャパン」が設立されている。OSIやオープンソースグループ・ジャパンではオープンソースの定義として「Open Source Definition(OSD)」を定めており、OSDに合致するソフトウェアに対して承認活動を行っている。

「E文書法 改正」に関する特集



法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請した企業はごく少数。厳しい規制を設けていた電子帳簿保存法の改正で規制が緩和された。何がどう変わったのか?


カテゴリ  文書管理 |




電子帳簿保存法の改正で、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和された。現場のスキャニング作業はどれだけ簡単になるのだろうか?また、2016年にはスマホによる電子化も解禁されそうだという。最新動向を追った。


カテゴリ  文書管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「E文書法 改正 オープンソース」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ