「DWHとビッグデータの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「DWHとビッグデータの違い」 に近い情報
「DWHと」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「DWHとビッグデータの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ビッグデータとは?

ビッグデータとは、従来IT部門が取り扱ってきた構造化データに加えて、Webログやソーシャルメディアのデータ、さらにはセンサーデータなどの非構造化データを含めた大量のデータ群を指す言葉。ビッグデータを収集/分析して、ビジネス課題の解決や将来予測を行うためには、データウェアハウスやBAツールなどのITソリューションを活用する必要がある。

「DWHと」に関するIT製品情報

連想型インメモリ次世代BIプラットフォーム『QlikView』  2013/09/01


クリックテック・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 小規模ユーザ(5ユーザ)の場合250万円〜(税別)

カテゴリ  BI | データベースソフト | 帳票管理システム | データ検索ソフト | データ分析ソリューション

製品概要  米QlikTech社の特許技術「連想技術」により、OLAPキューブやデータマートを作成する必要のない次世代BIプラットフォーム。ユーザは縦横無尽に多角的な切り口で分析できる。

オススメユーザー  ■表計算ソフトを使って手作業で分析している企業■DWHとOLAPツールを導入しているが、運用の手間とコストを削減したい企業



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「DWHとビッグデータの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ