「DATA ANYWARE 2.0 JBCC 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「DATA ANYWARE 2.0 JBCC 価格」 に近い情報
「DATA 2.0 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「DATA ANYWARE 2.0 JBCC 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「DATA 2.0 価格」に関するIT製品情報

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス)  2017/10/15


ネスコ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ユーザ参考価格エントリーパック 200万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | DLP

製品概要  様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

オススメユーザー  ファイルサーバからの個人情報漏洩を防止したい企業。海外拠点や外部委託先と安全にCADなどのファイル共有したい企業。


「DATA 2.0 価格」に関する特集


Watchers
「DLP」シェア  2014/09/16

14億円規模と見込まれる2013年度の国内DLP(Data Loss Prevention)市場。過半数の市場占有率で1位を獲得したベンダとは?


カテゴリ  DLP |




 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global Security Report』によると、世界全体でのマルウェア攻撃による利益率は、1425%にも上るといわれています。 これはつまり、「マルウェア攻撃という市場は年間1000万円投資すれば、1.4億円ものバックがある『もうかるビジネス』である」 という見方をする攻撃者が増えてきていることを示しています。それに対応するように、2016年の米国におけるデータ侵害による被害額の平均は7.01万ドル(約7.9億円)に達するというレポート『2016 Ponemon Cost of Data Breach study』もあります。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 デルは2016年4月4日、設置してすぐにハイブリッドクラウド環境を構築できるアプライアンス製品「Dell Hyblid Cloud System for Microsoft(DHCS)」の提供を開始した。 DHCSは、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Cloud Platform System Standard」(CPS Standard)を採用、デルの「PowerEdgeサーバ」や「PowerVaultストレージ」などのハードウェアで構成される。 「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」がプリインストールされているほか、マイクロソフトが提供する「Windows Azure Pack」を搭載。事前検証済みの構成で提供するため、デルの検証によると「設置から約3時間で運用を開始できる」という。  Windows Azure Packは、オンプレミスの環境でWindows Azureと同じサービスポータルを利用するためのソフトウェア。System Center 2012 R2や「SQL Server」と連携することで、IaaS(infrastructure as a Service)やDBaaS(Database as a Service)機能も実現するほか、パブリッククラウドであるMicrosoft Azureとシームレスに連携する機能を持つ。


カテゴリ  プライベートクラウド | Windows | サーバー仮想化 | PCサーバ | IaaS/PaaS


「DATA 2.0 価格」に関するニュース



 レノボ・ジャパンは、DataCore Softwareと協業し、SDS(Software-Defined Storage)アプライアンス「Lenovo Storage DX8200D」を発売した。コストパフォーマンスに優れ、仮想化にも適したブロックストレージを提供する。本製品は、レノボのサーバにDataCoreのSDSソフトウェア「SANsymphony」を搭載したアプライアン…


カテゴリ  ストレージ仮想化 | SAN




 CData Software Japanは、業務アプリケーションの外部連携をサポートする「CData Drivers」シリーズを拡充し、「2017年版」として、80種類を超えるドライバーを一斉にリリースする。本製品は、複数のクラウドデータの連携を、標準SQLを使って低コストで実装できるライブラリだ。「Salesforce」「Google BigQuery…


カテゴリ  EAI | データベースソフト




 富士通は、コールセンターに寄せられる問い合わせに、人工知能(AI)がチャット形式で自動応答するクラウドサービス「ODMA(Operational Data Management & Analytics)デジタルエージェント for コールセンター」を、2017年度第2四半期(7〜9月期)に発売する。本サービスでは、企業内に蓄積した問い合わせ対応の…


カテゴリ  コールセンター/CTI | ナレッジマネジメント | FAQシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「DATA ANYWARE 2.0 JBCC 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ