「CSE-ルーター」から探す!IT製品・セミナー情報

「CSE-ルーター」 に近い情報
「CSE-」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CSE-ルーター」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ルーターとは?

ルータとは、ルーティング(ネットワーク上で相手のノードにデータを送信するための経路を決定すること)する機器。もう少し具体的に言うと、異なる2つ以上のネットワークを中継(相互接続)するための通信機器である。あるノードにデータを伝送するために利用するのが、IPというOSI参照モデルの第3層(ネットワーク層)のプロトコルである。IPでデータを伝送するには、データをパケット(IPパケット)という小さな塊に分割し、そこに送信元IPアドレス、送信先IPアドレスなどの伝送するために必要な情報もあわせて格納する。ルータは送られてきたIPパケットを経路表(ルーティングテーブル)に基づき経路選択するという役割を担う。

「CSE-」に関するIT製品情報

サーババックアップソフト【Arcserve Backup】  2015/05/15


Arcserve Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 15万円〜(税別)

カテゴリ  バックアップツール |

製品概要  クラウドの活用、データ重複排除、仮想環境のバックアップ/リストア、バックアップのスケジュール化、多彩なバックアップ/リカバリを簡単・高速に行うソフトウェア。

オススメユーザー  ・バックアップ運用の改善を検討中のシステム管理者・物理、仮想、クラウド等のバックアップ運用を検討中の方


リアルタイムレプリケーション【Arcserve Replication/HA】  2015/05/15


Arcserve Japan

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 9万8000円(税別)〜

カテゴリ  バックアップツール |

製品概要  データの変更をリアルタイムに別サーバへ転送することで継続的なデータ保護を実現するレプリケーション・ツール。簡単な操作性と低価格で災害対策を実現できる。

オススメユーザー  ・リアルタイムにデータ保護して業務継続性を高めたい企業・簡単かつ低コストに災害対策、遠隔バックアップを行いたい企業


Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】  2017/08/01


Arcserve Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1年間のサポート付きで、1ライセンス 8万円(税抜き)〜

カテゴリ  バックアップツール |

製品概要  導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

オススメユーザー  小規模から仮想基盤が混在する大規模環境まで統合管理したい方。


エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」  2017/12/26


マークロジック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データベースソフト |

製品概要  オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。

オススメユーザー  サイロ化されたデータの統合を実現したい企業や組織。


フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc  2018/04/15


ウィンマジック・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

オススメユーザー  従業員が社外でノートPCなどを使う機会が多く、セキュリティ向上のためハードディスクの暗号化と機器の一元管理を行いたい企業。


「CSE-」に関するセミナー情報

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー

SCSK


開催日

 5月16日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ERP | ワークフロー | 会計システム

概要  ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ|経営者CIO


「CSE-」に関する特集



 今回は、近年ますます必要とされている、セキュリティに配慮したプログラミングの知識やスキルを証明するためのプログラム「SANS GSSP(GIAC Secure Software Programmer)認定試験」について解説していく。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他開発関連


「CSE-」に関するニュース



 ソリトンシステムズは、EDR(エンドポイント検知・対策)製品「InfoTrace Mark II for Cyber」のログ分析エンジンとして、「InfoTrace Mark II Analyzer」の出荷を11月下旬以降に開始する予定だ。価格は中規模モデルで398万円(税別)。本製品は、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)やSOC(Securi…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は12月14日、クラウドサービス専用セキュリティソリューション「Skyhigh SC(Security Cloud)」を発売した。Skyhigh Networksが提供する本ソリューションは、クラウドとユーザー端末の間の通信を仲介するCASB(Cloud Access Security Broker)だ。企業が許可していない社外の…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 安川情報システムは1月16日、工場向けの不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」を発売した。本サービスでは、工場内にエッジPC「SecurityEdge」を設置。平常時には、工場内の制御情報ネットワークを常時監視する他、クラウドでログを分析し、サイバーリスク状況をレポートする。この監視に用いる技術とし…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CSE-ルーター」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ