「CSとは 情報」から探す!IT製品・セミナー情報

「CSとは 情報」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CSとは 情報」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「CSとは 情報」に関するIT製品情報

戦略情報会計システム OPEN21 SIAS  2017/02/09


ICSパートナーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本会計450万円〜 (税別)

カテゴリ  DWH | 会計システム | 文書管理 | BI

製品概要  決算業務処理の機能に加え、「エビデンスなどの関連情報のLINK機能」、「会計情報の分析加工用のBI機能」を搭載した、マネジメント・データウェアハウス。

オススメユーザー  文書管理システム・BIシステムとそれぞれのシステムを個別に構築して、会計システムとの連携を図っている企業。


Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement  2017/09/15


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 下記マイクロソフトのサイト参照:https://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/pricing

カテゴリ  CRM | SFA

製品概要  セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。

オススメユーザー  グローバルな顧客情報、営業活動情報の共有、IoTや機械学習を活用した予防保全、保守業務の効率化をしたい製造業。


MC-SFA+map  2014/06/30


マーケティングセンター

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【基本サービス】ログインIDを1つ提供初期設定費用 別途お見積り【基本料金】月額5000円(税抜)

カテゴリ  SFA |

製品概要  営業活動、営業管理、営業情報システムの業務改善を通して、営業の効率化を図るシステム。エリアマーケティング機能も搭載しており、営業の視覚化も容易だ。

オススメユーザー  営業にまつわる様々な情報を管理し、その活用によって業務の改善を図りたいと考えている企業。


脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics  2017/06/29


EMCジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積り

カテゴリ  IDS | IPS | 検疫

製品概要  従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

オススメユーザー  エンタープライズレベルのセキュリティ水準が求められる企業。高度な脅威検出・分析環境を求めるセキュリティアナリスト。


ICS会計ERP OPEN21de3  2013/12/17


ICSパートナーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本会計150万円〜 (税別)

カテゴリ  会計システム | ERP

製品概要  堅牢で信頼性のある『会計システム』のロジックを十分に踏襲しながら、そのしなやかで大きなファイル構造でマネジメントで活用できる経営情報を提供する【会計ERP】

オススメユーザー  2段階での増税対応を機にパッケージ化への移行を検討される企業、経営戦略に活用できる管理会計をお考えの企業。


「CSとは 情報」に関するセミナー情報

ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー 注目

SCSK/ヤマハ


開催日

 11月22日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ルーター | 無線LAN | ネットワークスイッチ

概要  ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括


ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー

SCSK/ヤマハ


開催日

 12月6日(水)

開催地 新潟県   参加費 無料


カテゴリ  ルーター | 無線LAN | ネットワークスイッチ

概要  ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括


ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー

SCSK/ヤマハ


開催日

 12月12日(火)

開催地 広島県   参加費 無料


カテゴリ  ルーター | 無線LAN | ネットワークスイッチ

概要  ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括


ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー

SCSK/ヤマハ


開催日

 12月15日(金)

開催地 福岡県   参加費 無料


カテゴリ  ルーター | 無線LAN | ネットワークスイッチ

概要  ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括


半日で習得するCSIRT構築の重要ポイント

ニュートン・コンサルティング


開催日

 10月5日(木),11月28日(火)

開催地 東京都   参加費 5万4000円(税込)


カテゴリ  その他運用管理関連 | その他情報システム関連 | セキュリティ診断

概要   CSIRTを効率的・効果的に構築するためには、ゼロから構築するのではなく、既存のインシデントレスポンス体制等を徹底的に活用することが重要なポイントです。 CS…

オススメユーザー  システムの設計・運用|全社スタッフ|情報システム部の統括


「CSとは 情報」に関する特集



 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス




 最近、いろいろなニュースで「ビーコン」という言葉を耳にしませんか?日本語訳すると「無線標識」という意味ですが、このビーコン技術を利用した身近なサービスとしては、「VICS(Vehicle Information and Communication System)」という、高速道路や主要幹線道路の混雑・渋滞情報をカーナビ画面に表示するサービスが知られています。


カテゴリ  無線LAN |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「CSとは 情報」に関するニュース



 キヤノンITソリューションズは、輸出入許可通知管理システムの新バージョン(Ver.1.02-02)を7月下旬に発売する。価格は300万円〜(税別)。本システムは、NACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)から提供される輸出入許可等通知情報を取り込み、データと帳票を蓄積管理することができる。輸出入許可等通知情報…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 |




 シマンテックは、機密データを保護するソリューション「Symantec Information Centric Security」を強化し、情報漏えい防止ソリューションの新バージョン「Data Loss Prevention(DLP)15」を発売する。自社で管理していない環境でも、機密データや規制データを容易に検出、監視、保護できる。Symantec Information…


カテゴリ  DLP | その他情報共有システム関連




 NTTコミュニケーションズは、サイバーセキュリティに関する情報分析などを支援する「アドバイザリーサポート」の提供を7月19日に開始した。企業のCSIRT(Computer Security Incident Response Team:コンピュータシステムなどへの脅威に対応する組織)における、情報収集・調査・分析など、専門性の高い業務を支援…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 運用系業務アウトソーシング | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CSとは 情報」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ