「CRMとIOT」から探す!IT製品・セミナー情報

「CRMとIOT」 に近い情報
「CRMと」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CRMとIOT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説CRMとは?

CRM(Customer Relationship Management)システムとは、企業と顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するためのソフトウェアのこと。CRMを実現していくためには、経営戦略をベースに体制とプロセスを構築し、CRMシステムを導入することで、プロセスの自動化やデータ分析を行うことになる。

「CRMと」に関するIT製品情報

メール配信システム MailPublisher Smart Edition  2017/06/28


チーターデジタル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 5万円 (税別)月額 2万5000円 (税別)〜

カテゴリ  その他メール関連 | 電子メール

製品概要  多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。

オススメユーザー  メール配信の到達や速度に課題がある/既存の会員DBへ配信したい/自前のシステムやCRMと連携可能なメール配信サービスが欲しい


継続請求管理ロボット「経理のミカタ」  2017/03/23


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 100件プラン初期費用:10万円/契約 ※初期設定費用月額費用:2万円/契約※税別。最短契約期間は1年。

カテゴリ  その他基幹系システム関連 |

製品概要  SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

オススメユーザー  煩雑でミスの起こりやすい請求業務の消込や催促の負担を軽減したい企業。請求・課金業務をスピードアップしたい企業。


クラウド型コールセンターシステム 「FUSION Connect 2.0」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ▼ライセンスBasicライセンス 月額 2000円/席 ※最小5席からCallCenterライセンス 月額 9500円/席 ※最小2席から税抜

カテゴリ  コールセンター/CTI | CRM | その他情報システム関連 | 統合運用管理

製品概要  高機能・高パフォーマンスのクラウド型コールセンター。クラウド型なので初期設備投資は不要。最短2週間で本格的なコールセンターを構築できる。

オススメユーザー  短期間で既存コールセンターシステムのクラウド化、拠点展開を検討中の企業。CRMとの連携を実現しコストダウンを図りたい企業。


クラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL」  2013/11/01


リンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●CRM連係のみ利用 月額:4万3050円(4305円/席)●ライトプラン 月額:8万5050円(8505円/席)※10席程度の料金※税込

カテゴリ  コールセンター/CTI | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  インターネット回線とPCのみで導入できるクラウド型コールセンターシステム。PBXや録音機能、CTIサーバなどの設備をクラウドで提供し、各種CRMとの連係にも対応可能。

オススメユーザー  初めてコンタクトセンターを構築する企業。低コストでスモールスタートし、必要に応じて規模や機能を拡張予定の企業。


「CRMと」に関する特集



統合的なCRMソリューションを提供しているtopベンダ3社に、現在のCRMトレンドや自社の強み、これから向かうべきCRM戦略の方向性についてインタビューを実施!2016年CRMが向かうべき方向性とは?


カテゴリ  CRM |




CRMと組み合わせることによって、CRMがより力を発揮できるようになったり、相乗効果を生み出せたりするツールが存在します。今回はCRMと連携させると更に効果を発揮するツールを“5つ”紹介します。


カテゴリ  CRM |




CRM第2弾は成否の鍵を握る分析機能「アナリティカルCRM&BI」を詳しく解説します。真の効果は蓄積されたデータからビジネスに役立つ知識を引き出してこそ。では具体的にどんな機能があり、それは「売り」の現場でどう役立つのか?分かりやすく図解で解説します。


カテゴリ  CRM | BI


「CRMと」に関するニュース



 アーティサンは、マイクロソフトのCRMとERPを融合したクラウドアプリケーション「Microsoft Dynamics 365」と、ヤマトシステム開発のクラウド名刺管理サービス「名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛」を連係するアドオン製品「BizCync 〜名刺de商売繁盛コネクタ〜」の提供を開始した。本製品では、名刺de商売…


カテゴリ  CRM | EAI




 トランスコスモスは、CRM製品「DECAds Connect Edition」の提供を開始した。セグメント配信やO2O・キャンペーン施策からカスタマーサポートまで、LINEや自社データベースなどの顧客情報を具体的な施策へ迅速に転換することが可能だ。本製品では、LINEやFacebookメッセンジャーなどの各種コミュニケーションチャネ…


カテゴリ  CRM | その他情報共有システム関連




 HOYAサービスは、CRMとERPが1つになったクラウドビジネスアプリケーション「Microsoft Dynamics 365」のデータを活用した「AI・機械学習ソリューション」の提供を開始する。本ソリューションは、AI・機械学習でも利用度が高い「予測機能」に関して、Dynamics 365のデータを活用した各種の予測を容易に行えるソリュ…


カテゴリ  ERP | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CRMとIOT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ