「CONTROL MANAGER管理者 ウイルスバスター エンドポイントの隔離」から探す!IT製品・セミナー情報

「CONTROL MANAGER管理者 ウイルスバスター エンドポイントの隔離」 に近い情報
「CONTROL」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CONTROL MANAGER管理者 ウイルスバスター エンドポイントの隔離」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「CONTROL」に関するIT製品情報

Sophos Mobile Control  2014/08/28


ソフォス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス 3340円/デバイス(税別)※200デバイスの場合

カテゴリ  MDM |

製品概要  ビジネスで使用されるスマートフォンなどのモバイルデバイスを監視、制御することでセキュリティを確保するソリューション。

オススメユーザー  個人所有、企業貸与、デバイスの種別を問わず、ビジネスで使用しているスマートデバイスを安全・確実に一元管理したい企業。


特権ID管理ソリューション:ESS AdminControl / ESS AutoAuditor  2013/04/01


エンカレッジ・テクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ID管理 | ワークフロー | 認証 | 統合ログ管理

製品概要  特権ID管理ソリューションは特権ID管理のための申請承認プロセス/IDの払い出し/定期的な点検監査などの業務を自動化。セキュリティの維持・強化とコスト削減を両立させる。

オススメユーザー  ●特権IDの不正利用や濫用などによるリスクを軽減したい企業●特権ID管理をミスなく効率的に実施したい企業


Shell Control Box (SCB)  2016/05/09


ジュピターテクノロジー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 バーチャルアプライアンス:325万円〜アプライアンス(T1):468万円〜※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | 検疫 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  サーバー・PCの操作を監視し、操作画面を記録・検索・再生。画面記録は完全な監査証跡となり、コンプライアンス・監査対策に最適。バーチャルアプライアンスも選択可能。

オススメユーザー  内部不正による情報漏洩対策を検討している企業社内機密情報へのコンプライアンス及び監査目的のセキュリティ対策が必要な企業


PalletControl 7.2  2015/12/22


JALインフォテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:7800円〜(税別)

カテゴリ  IT資産管理 | 暗号化

製品概要  脆弱性/マイナンバー対策に効く資産管理ツール。端末環境を自動識別し前提条件等から配布対象を自動判定。人手による台帳作成の手間や作成時間を削減し、ミスを排除する。

オススメユーザー  “レポート確認型”の従来の資産管理から脱却し、プロアクティブな管理を行いたい企業。手動での資産管理に限界を感じている方。


InterSafe DeviceControl  2015/12/26


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ユーザ】1ライセンスあたり 5000円(税抜) ※初年度より製品価格の15%が  サポートサービス費として別途発生します。

カテゴリ  DLP |

製品概要  データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

オススメユーザー  デバイス制御で情報漏洩対策をしたい法人。スマートデバイス、ポータブルデバイスを制御したい企業。


「CONTROL」に関する特集



 企業経営においての最も大きなリスクは、いつも「経済不確実性」であった。しかしながら、ここ最近「IT資産に対するセキュリティテロ」が注目を集めている中、経済不確実性に続き、大きなリスクとして“サイバー脅威”が挙げられるようになった。経済不確実性はある種どうしようもない悩みでもあり、今や経営の一線での実質的な悩みは、この時代に浮上してきた新たなリスク、サイバー脅威であると断言できるであろう。 言い方は悪いかもしれないが、経済不確実性はどうしようもない悩である。まるで空気のように当たり前にビジネス環境を取り巻く要素であり、経済不確実性により引き起こされる問題は、常に経営課題として真剣に対応していくものである。 一方、サイバー脅威はどうだろう? サイバー脅威はこの時代の新たに誕生した負の遺産のような経営リスクであるがゆえに、経営者にとっては不慣れなものである。その対策の道筋も分からないまま、日々進化するサイバーテロの手口にやられてしまい、マスコミに騒がれ顧客の信頼を失い、売上や企業イメージにも影響を及ぼすといったケースが多発している。 企業のIT資産を脅かすサイバー脅威は、企業経営の継続性を害し社会的な問題を引き起こすようなところまで広がることも多々ある。大げさに言っているわけではない。経営者は真剣に問題に取り組んでいくべきである。企業の重要な資産であるIT資産に対する脅威を「アンダーコントロール(Under Control)」するためには、企業の従来の危機管理方法を再検討し、新たなアプローチを加える必要がある。


カテゴリ  暗号化 |




 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参考:https://www.wired.com/2015/07/hackers-remotely-kill-jeep-highway/Hackers)。「Remotely Kill a Jeep on the Highway-With Me in IT」という動画とともに公開され、かなりの反響を呼んだ。IoT(internet of Things、モノのインターネット)のさまざまな新技術への世間の関心と恐れを背景に、世界の多くの人々が普段意識せずに使っているモノをターゲットにするハッキングについて議論が巻き起こった。 IoTという今一番ホットなアイテムは産業を大きく発展させていくことは間違いなく、世の中は以前になく進歩を遂げていくことになるだろう。ただ、このIoTに対してのハッキングへの脅威は、ただものではない。 当社は、かれこれ19年以上セキュリティソリューション分野で活動しているが、IoT技術を取り入れた、いわゆるスマートカーを研究・生産する自動車メーカーに、セキュリティの側面で認識しておいてほしいことがある。競合他社より一刻も早くスマートカーを世に放ち、マーケットをリードしたいという思いは分かるが、そのスマートカーに潜んでいるセキュリティの問題を、一度熟考していただきたい。  Wiredの記事を執筆したアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)はテック専門記者で、NSA研究・セキュリティの専門家であるチャーリー・ミラー(Charlie Miller)とクリス・ヴァラセク(Chris Valasek)の要請を受け、実験に参加することになったわけだ。 まず、ミラーとヴァラセクは、実験対象となる自動車のECU(Electronic Control Unit、電子制御装置)をターゲットに、16キロ離れている別の自動車の後部座席からハッキングを成功させた。動画はこの一部始終を収めている。対象となったジープのSUV「チェロキー」は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の無線通信システムである「Uconnect」を活用していた。 Uconnectは、それが開発された2013年以来、47万台の自動車に実装…


カテゴリ  WAF | その他スマートデバイス関連 | IPS | ファイアウォール


「CONTROL」に関するニュース



 ペネトレイト・オブ・リミット(POL)は、スマートフォンやタブレットなどのリモート管理も可能なEMM(エンタープライズモビリティマネジメント)/MDM(モバイルデバイスマネジメント)の新バージョン「MobiControl v13.1」をリリースした。MobiControlは、AndroidやiOS、Windows Mobile/CE、Windows PC/Server…


カテゴリ  MDM |




 エンカレッジ・テクノロジ(ET)は、特権ID(システムに対する全権限を持つ管理者アカウント)の管理ソフトウェアの最新バージョン「ESS AdminControl V1.4」を発売した。参考価格は300万円〜。「ESS AdminControl」は、特権IDの管理作業の自動化と管理プロセスの徹底を図るソフトウェア。特権IDの不正使用や濫用…


カテゴリ  ID管理 | 認証




 株式会社エージーテック(AG-TECH)は、米PreEmptive Solutions,Inc.が開発した、iOS開発環境向けの難読化ツール「PreEmptive Protection for iOS」(PPiOS)を発売した。「PPiOS」は、“制御フロー(ControlFlow)の難読化”と、ヒントになりやすいシンボルの名前変更(Rename)という2つの手法を組み合わせる…


カテゴリ  開発ツール | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CONTROL MANAGER管理者 ウイルスバスター エンドポイントの隔離」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ