「COM マイクロフィルム スキャナ」から探す!IT製品・セミナー情報

「COM マイクロフィルム スキャナ」 に近い情報
「COM スキャナ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「COM マイクロフィルム スキャナ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「COM スキャナ」に関するIT製品情報

i2000シリーズ  2013/12/15


コダック アラリス ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  複合機 | その他オフィス機器関連 | 文書管理 | その他PCソフト関連

製品概要  ワンタッチで簡単に原稿をスキャン、編集して、一般的なファイルフォーマットに保存し、指定した保存先に保存できる「スマートタッチ機能」搭載のデスクトップスキャナー。

オススメユーザー  場所をとらないデスクトップスキャナーで、業務効率をアップしたい企業。


「COM スキャナ」に関するセミナー情報

「ほぼ、自動電子化!」無料セミナー

共催:ハイパーギア/システムズ・デザイン


開催日

 2月10日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  文書管理 |

概要  複合機がオフィスのネットワークにつながり、スキャナ機能が年々強化されたことにより、オフィスで発生する紙文書や伝票類を複合機でスキャンして電子化するケースが増えて…

オススメユーザー  システムの設計・運用|経営者CIO|情報システム部の統括


「COM スキャナ」に関する特集



法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請した企業はごく少数。厳しい規制を設けていた電子帳簿保存法の改正で規制が緩和された。何がどう変わったのか?


カテゴリ  文書管理 |




電子帳簿保存法の改正で、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和された。現場のスキャニング作業はどれだけ簡単になるのだろうか?また、2016年にはスマホによる電子化も解禁されそうだという。最新動向を追った。


カテゴリ  文書管理 |




税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくるだろう。製品選びで押さえておくべきポイントは何か?


カテゴリ  文書管理 |


「COM スキャナ」に関するニュース



 BearTailとSKJ総合税理士事務所は業務提携し、2016年度税制改正によって規制緩和された国税関係書類のスキャナー保存を支援する。BearTailでは、企業における従業員の立替経費などを管理するためのクラウドサービス「Dr.経費精算タイムスタンプ版」を提供している。同サービスは、スマートフォンによる撮影とオペ…


カテゴリ  会計システム | 文書管理




 OSKは、国税関係書類に係るスキャナー保存制度の要件緩和を受けて、スマートフォンによる領収書などの電子保存に対応したグループウェア「eValue NS 2nd Edition Rel.4」の出荷を9月20日に開始する。eValue NS2は、ドキュメント管理、ワークフロー、スケジューラー、コミュニケーションの4つのシステムから、必要…


カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | グループウェア




 NTTデータ イントラマートは、要件緩和された電子帳簿保存法を踏まえ、国税関係書類の登録から保管・活用までを包括的に支援する「電子帳簿法対応ソリューション」を発売した。電子帳簿保存法ソリューションは、複合機やスキャナーと容易に連携でき、証憑を電子化することで法定保管文書の保管・管理にかかる手間や…


カテゴリ  会計システム | 文書管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「COM マイクロフィルム スキャナ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ