「CM1164 DVI 2出力パソコン」から探す!IT製品・セミナー情報

「CM1164 DVI 2出力パソコン」 に近い情報
「DVI」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CM1164 DVI 2出力パソコン」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説PCとは?

ここでの「PC」は、「パーソナルコンピューター」の略称であり、いまや業務に欠かせない個人向けのコンピューターの総称である。基本的なパソコンの構造は、筐体内のマザーボード上にCPU、メモリ−、各種コントローラーチップなどが搭載され、そこにHDDなどの外部記憶装置が接続され、電源装置によって電力が供給されている。操作にはキーボード、マウスといった入力装置のほか、処理状況をユーザーに提示するディスプレイ装置が必須となる。さらに、OSがインストールされることで初めて「パソコン」として動作することが可能である。パソコンが業務において担う役割は多く、アプリを利用した各種文書の作成を筆頭として、ネットを介した情報収集、電子メールなどによるコミュニケーションと多岐にわたる。

「DVI」に関するIT製品情報

シングルユーザKVMスイッチ DVIモデル『SERVIS DVI KVM』  2016/12/15


富士通コンポーネント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  KVMスイッチ | デジタルサイネージ | サーバー管理

製品概要  デジタルビデオインターフェースに対応したKVMスイッチ●フルHD・WUXGAなど高解像度に対応したコンソールシステムを構築可能●国内ブランドならではの充実サポートを提供

オススメユーザー  ディスプレイの高精細・大画面化にともない、高品位な画像はそのままで効率よくシステム運用を行いたい企業


統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix  2016/07/01


ヴィンクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 サブスクリプションライセンス 3万円(税抜/月額)〜

カテゴリ  統合運用管理 |

製品概要  オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

オススメユーザー  サーバー管理の負荷やコストを抑えたい企業。IBMiとオープン系サーバーの一元監視、障害監視・ジョブ管理を統合運用したい企業。


ラックマウント用コンソールドロワー 「フルHDモデル」  2017/01/13


富士通コンポーネント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  KVMスイッチ | その他ネットワーク関連

製品概要  19インチラックの1Uスペースに収納可能なサーバラック用(600〜1000mm)の引出式コンソールユニット。

オススメユーザー  フルHD、DVIでシステム構築を行っている企業。ラックスペースを効率化して省スペース化を実現したい企業。


DVI小型遠隔ユニット FE-3500CX  2017/01/13


富士通コンポーネント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  KVMスイッチ | その他ネットワーク関連

製品概要  コンソール(キーボード、マウス、ビデオ)のビデオ信号をそのままLANケーブル(Cat6、Cat5E UTP)で延長するための装置。延長ケーブル感覚で簡単に設置可能。

オススメユーザー  コントロール室とサーバ室が離れている現場などで、コンソールの集中管理を行いたい企業など。


「DVI」に関する特集



 最終回の今回は、前回説明したクライアント型のメール誤送信対策の導入の注意事項に加え、弊社ソリューションであるSecureCube / Mail Adviserのご紹介及び、1万クライアント以上でご導入いただいた企業の事例を説明する。


カテゴリ  メールセキュリティ |




 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」サービスが東芝グループのIoTサービスの基盤に採用されたと発表した。ZuoraのいうRBMとは、サブスクリプション型ビジネスモデル運営のためのSaaSプラットフォームを指す。 東芝では、グループ内のIoT関連部門や人材を統合し、社内カンパニー「東芝インダストリアルICTソリューション社」を2015年に設立している。同社ではグループ全体のIoT基盤構築を進めており、IoTビジネスの利用形態や課金方式でも多様な要求に対応すべく整備しているところだという。この中の1つが「サブスクリプション型」の課金体系というわけだ。 ZuoraのRBMプラットフォームは、経済紙『Wall Street Jornal』、オンラインストレージサービスを提供するbox、エンタープライズ向けのクラウドサービスを展開するIBM、通信キャリア大手AT&T、IoTソリューションなどを開発するゼネラル・エレクトリック(GE)などに採用されている。B2Cでは旅行情報サービスを運営するTripAdvisorもユーザーだ。 Zuora Japanは2015年に設立、サービスの日本語化が完了した2016年4月から本格的な事業活動を開始しており、日本経済新聞社、コマツ、日本ユニシス、Freeeなどが既に導入企業に名を連ねている。三井情報、日立ソリューションズが販売パートナーになっており、決済ではGMOペイメントゲートウェイと提携している。ペイメントゲートウェイ(オンライン決済代行事業者)についてはこの他にも複数社と交渉を進めているという。


カテゴリ  システムインテグレーション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CM1164 DVI 2出力パソコン」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ