「CDL とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「CDL とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CDL とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「CDL とは」に関するIT製品情報

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2017/01/23


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


Obbligato 持ち出し制御ソリューション  2016/12/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小ユーザ数 1ユーザ価格構成例:1サーバー20ユーザ 80万円、1サーバー500ユーザ 510万円※税別※別途、SI費用が必要です。

カテゴリ  DLP | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。

オススメユーザー  個人情報や技術情報など機密情報の内部からの漏洩を防ぎたい企業。グローバルビジネスにおける安全なデータ共有を行いたい企業。


ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


AssetView  2016/02/15


ハンモック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス/1機能 1250円〜2200円(税別)※1000クライアントの場合

カテゴリ  IT資産管理 | 暗号化 | アンチウイルス | DLP | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  社内PCのIT資産管理、ログ管理をはじめとする運用を支援するソフトウェア。全15機能は個別に導入が可能。コスト削減、情報漏洩対策、マイナンバー対策に最適。

オススメユーザー  社内PCの運用管理を検討中、または課題を抱えている企業・官公庁。IT資産管理製品にかけるコストを削減したい企業・官公庁。


Websense TRITON Solution Unified Content Security  2014/07/15


ウェブセンス・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | データベースソフト | UTM | WAF | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  オンプレミス、クラウドのハイブリッドでの提供により、各拠点のネットセキュリティを一元管理。セキュリティガバナンスの強化を実現。

オススメユーザー  国内外問わず分散する拠点のインターネットセキュリティを統合管理したい企業。


「CDL とは」に関する特集



暗証番号などの個人情報をパソコンから盗み出す「スパイウエア」。今回はこの「スパイウエア」対策に有効なソフトをご紹介します!


カテゴリ  DLP |




先日起きた証券会社の顧客情報流出事件では、慰謝料が5億円!情報が闇市場で取引される時代。情報資産を守り抜くためには!?


カテゴリ  DLP |




情報漏洩事件にまつわる最新データをご紹介。情報漏洩の最も多い業界はどこか?対策の鍵となるアイデンティティ管理も徹底解説!


カテゴリ  DLP |


「CDL とは」に関するニュース



 ハミングヘッズは、情報漏えい対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」に、ファイル持ち出し時の申請と許可を行うための機能「リリース承認フォルダ」を装備した。本ソフトは、外部にファイルを持ち出す際に自動的に暗号化できる。履歴、書き込み禁止、サイバー攻撃対策といった機能も備える。今回の新機能では…


カテゴリ  ワークフロー | DLP




 デルは、ネットワーク内外で保存・移動・使用するビジネスデータをライフサイクルのさまざまな段階で保護するソリューション「Dell Data Protection|Secure Lifecycle」の提供を12月1日(予定)から順次開始する。本ソリューションは、データ暗号化やファイルアクセス監視、データ漏えい防止(DLP)、デジタル著…


カテゴリ  暗号化 | DLP | その他運用管理関連




 クロス・ヘッドは、データセキュリティソフト「デジタル ガーディアン」の運用管理を支援するクラウドサービス「デジタル ガーディアン クラウド」の提供を3月13日に開始する。本ソフトは、機密情報にあらかじめタグ(印)付けすることで、外部へ出していい情報か、機密情報かを正確に判断する。タグ付けした機密…


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | DLP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CDL とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ