「CDとは IT」から探す!IT製品・セミナー情報

「CDとは IT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CDとは IT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「CDとは IT」に関するIT製品情報

TotalSecurityFort  2012/11/15


日本ファインアート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●ログパック 10ライセンス 6万8000円(税別)〜●エントリーパック 10ライセンス 13万6000円(税別)〜

カテゴリ  MDM | その他スマートデバイス関連 | グループウェア | 暗号化 | 認証

製品概要  「ソフトウェア制御」、USBメモリやCD/DVDを始めとした「外部記憶デバイス制御」、赤外線通信やBluetoothなどの「外部デバイス制御」などが可能な情報漏洩防止システム。

オススメユーザー  ソフトウェアや外部デバイスなどのセキュリティ制御は強固にしながら、柔軟な承認申請による高い業務効率も両立したい企業。


「CDとは IT」に関する特集



 IPA ソフトウェア開発データ白書(2014ー2015)によると、ITプロジェクトの成功率が65%という結果があります。ここで言う「成功」の定義は、「品質・予算・納期(QCD)の3要素を計画どおり遂行できた」ということです。65%の成功率を高いと見るか、低いと見るかは難しいところですが…私は35%ものプロジェクトが失敗してしまっている点に注目しています。


カテゴリ  プロジェクト管理 |




 前回はビジネス変革を現実的に検討するため、様々な視点が存在すること、また、具体的なビジネスモデル(ビジネスアプリケーション活用サービス)を拠り所にすることなどについて解説しました。今回は従来型の「システム受託開発」と「サービスビジネス」の違い、特に「ビジネスアプリケーション活用サービス」を比較することで特徴を明らかにしていきたいと思います。 ビジネスアプリケーション活用サービスとシステム受託開発では、作り出すビジネス価値や評価基準が大きく異なります。これらを比較したのが以下の表1になります。システム受託開発のビジネス価値はユーザ要件を満たすシステムの開発であり、ユーザとIT企業の両者にとって、開発計画のQCD遵守が最大の関心事です。一方、ビジネスアプリケーション活用サービスでは、多くのサービス型ビジネスと同様、提供するサービスによって、顧客における業務上の課題が解決されることが最大の関心事です。さらに、顧客が想定していなかった課題が解決されることで顧客満足を最大化することを目指します。


カテゴリ  システムコンサルティング |


「CDとは IT」に関するニュース



 丸紅ITソリューションズは10月3日、事前対策型サイバー攻撃分析・復旧ソリューション「SECDO」を発売した。標的型攻撃やランサムウェアへの対処を、高度な知識が不要で迅速に行える。SECDOは、さまざまなセキュリティ製品のアラート通知を、人手による調査が必要な危険度の高いものかどうかを自動で判別し、危険…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 Digital-Freeは、ECサイト構築用オープンソースソフトウェア「Magento」用のポイント管理エクステンションを6月27日に発売した。本製品では、商品の購入以外にもさまざまなアクションに対してポイントを付与できる。対象になるアクションは、ユーザー登録、ログイン(ソーシャルアカウントでのログインにもオプシ…


カテゴリ  EC |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CDとは IT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ