「CATとは IT」から探す!IT製品・セミナー情報

「CATとは IT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「CATとは IT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「CATとは IT」に関するIT製品情報

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat  2017/02/09


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 パック1000(ログ・資産・Webアクセス制御・デバイス制御)10ライセンス:39万6000円(税別、保守費別)〜※詳細は要問い合わせ

カテゴリ  IT資産管理 | DLP | 統合運用管理

製品概要  IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。

オススメユーザー  マルウェア対策、内部情報漏えい対策、IT資産管理を検討している企業。


IT資産管理クラウドサービス LanScope クラウドキャット(Cloud Cat)  2012/04/16


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  IT資産管理に必要な機能をそろえたクラウドサービス。社内のPC情報を自動で収集・レポート化。セキュリティ強化、業務改善にも効果を発揮する。

オススメユーザー  最小の導入コストでIT資産管理を行いたい企業。クライアントPC管理に運用の手間をかけたくない企業など。


IT資産管理 LanScope アセットキャット(Asset Cat)  2012/11/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ライセンス : 34万3000円(税別)〜100ライセンス : 71万8000円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  8年連続市場シェアNo.1を誇るLanScopeシリーズのIT資産管理専用パッケージ。IT資産管理、ソフトウェア資産管理(SAM)の機能を1つのパッケージで提供。

オススメユーザー  PC・ネットワーク機器・プリンタなど、IT資産管理を行いたい企業。ソフトウェア資産管理(SAM)を徹底したい企業。


CA Nimsoft  2013/06/01


CA Technologies

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 モニタリング対象台数に対する月額課金詳細はお問い合わせ下さい

カテゴリ  統合運用管理 | IT資産管理 | サーバー管理 | サービスデスク | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  統合モニタリング・ソリューション。サービス視点での運用管理を実現し、サーバやネットワーク、アプリなどITサービスを提供する構成要素を、簡単&高度にモニタできる。

オススメユーザー  クラウドを含むITインフラの統合的なモニタリングを通じ、最適化されたエンドユーザサービスを提供したいと考える企業やxSP。


CA Automation Suite  2012/06/29


CA Technologies

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | ワークフロー | データセンター運用 | IT資産管理 | サーバー管理 | ネットワーク管理

製品概要  物理環境や仮想環境の運用管理を自動化・セルフサービス化し、負荷軽減やコスト削減を支援するソリューション。企業の運用管理を標準化、コンプライアンス遵守を促進する。

オススメユーザー  物理環境や仮想環境における管理負荷軽減とコスト削減を実現し、効率よく運用したいと考えている企業及びサービスプロバイダ。


「CATとは IT」に関する特集



 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |




  脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護するための根本的解決は、「脆弱性を修正する」ことである。しかし、発見された脆弱性は必ず修正できるとはかぎらない。このような場合、保険的な対策として脆弱性を悪用した攻撃からアプリケーションを保護することができるWeb Application Firewall(以降WAF)の利用は有効である。 IPAは、脆弱性の修正ができないなどの理由で困っているウェブサイト運営者に対して、WAFが保険的な対策として有効であることを解説してきた。しかし、実際にWAFを導入したという実例が日本語文献としてあまりなく、導入しづらいとの声があった。そこで、IPA自らがオープンソースソフトウェアのWAF「ModSecurity」を導入し、導入事例を追記した「Web Application Firewall(WAF)読本 改訂第二版」を2011年2月に公開した。 今回は、この「ModSecurity」がSQLインジェクションの脆弱性をどのように防御するのかを確認し、WAFが脆弱性を悪用する攻撃から保護するに有効であることを確認していく。なお、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意いただきたい。


カテゴリ  WAF |




 Webブラウザを利用したサービスが多様になり、情報のやり取りが簡単になっただけに、ハッキング攻撃にさらされる危険性も高まっており、暗号化通信は不可欠な要素になった。暗号化通信は、HTTPSプロトコルを使用することで実現できるが、HTTPSプロトコルを使用するためには、認証機関(CA:Certificate Authority)からSSL認証書の発行をしなければならない。しかし、費用に対する負担と複雑な認証プロセスなどにより、発行率は低いのが現実である。  2016年5月に東京証券取引所市場第1部に上場した主要企業を対象に、日本のWebソリューション会社であるAtlas21が実施した調査によると、Webサイトの全ページに暗号化通信を適用しているHTTPS完全対応率は1%で、世界の主要企業が17%であることに比べ、かなり低い数値を記録した。 つまり、ほとんどのWebサイトでSSL/TLSが適用されておらず、セキュリティの最も基本である暗号化通信も保障できていない状況ということだ。


カテゴリ  Webアプリケーションサーバ |


「CATとは IT」に関するニュース



 エムオーテックスは、中小企業向けに、IT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」のアプライアンス製品「LanScope Cat Appliance」を発売した。オープン価格。本製品は、IT資産管理、操作ログ管理、デバイス制御、Webアクセス管理の機能を備える。IT資産管理機能では、ハードウェアとソフトウェアの情報を…


カテゴリ  IT資産管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理




 EMCジャパンは、サイバー攻撃の早期検知・分析・インシデント管理の各製品から成る、セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品「RSA NetWitness Suite」の提供を開始した。RSA NetWitness Suiteは、RSA ECATの後継製品「RSA NetWitness Endpoint」と、RSA Security Analytics for Logの後…


カテゴリ  IPS | IDS | アンチウイルス




 アドバンスト・メディア(AMI)は、コールセンター向けAIソリューション「AmiVoice Communication Suite3」を2017年春(予定)に発売する。音声認識技術や感情解析技術を用いて顧客応対状況を座席ごとに可視化する機能を搭載する。AmiVoice Communication Suiteは、オペレーターと顧客との全会話を音声認識技術で文…


カテゴリ  コールセンター/CTI | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「CATとは IT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ