「BSSID 確認」から探す!IT製品・セミナー情報

「BSSID 確認」 に近い情報
「確認」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「BSSID 確認」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「確認」に関するIT製品情報

緊急連絡・安否確認システム  2018/06/29


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【価格例】 100人以下の場合・初期費用:なし・月額費用:1万2000円(税別)

カテゴリ  安否確認システム |

製品概要  ◎東日本大震災の被災経験を生かして開発。◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。

オススメユーザー  簡単操作・低コストで安否確認を行いたい企業


緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24  2014/11/01


イーネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【価格例】1〜100名の場合初期費用 4万8000円月額費用 9800円※税別

カテゴリ  安否確認システム |

製品概要  実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。

オススメユーザー  豊富な機能や簡単な操作性はもちろん、稼働実績を重視したい企業。有事の際、家族を含めた安否確認を行ないたい企業。


サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ライトプラン(50ユーザーパック)年額費用:7万7520円 ※税別

カテゴリ  安否確認システム | その他情報共有システム関連

製品概要  一方的な配信だけなく、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を搭載。報告・確認から、その後の対策指示までが可能な安否確認サービス。

オススメユーザー  災害などの緊急時に、より綿密なコミュニケーションが取れる安否確認システムを探している企業。


災害安否確認システム 安否コール  2017/12/05


アドテクニカ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 導入費用 10万5000円(初期サポート含む) (税別)月額費用(100名プラン) 1万5000円〜 (税別)

カテゴリ  安否確認システム | 社内SNS | その他情報共有システム関連

製品概要  ID/PW不要の一斉連絡ツール。回答率100%を目指す直感的な管理機能があり、700法人20万ユーザーの導入実績を持つ。

オススメユーザー  災害時の従業員および家族の安否確認を、スピーディーかつ正確に行いたい企業。古い安否確認システムから乗り替えたい企業。


Mobile Perfect SP 安否確認・アンケートサービス  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額費用:100円(税別)/ユーザー

カテゴリ  安否確認システム | その他スマートデバイス関連

製品概要  気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型安否確認・アンケートサービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。

オススメユーザー  スマートフォンの本格的な活用にあたり、各種業務に必要な機能を低コストで揃えたいと考えている企業。


「確認」に関するセミナー情報

人事労務部門における課題解決セミナー

東芝ソリューション販売


開催日

 8月8日(水)

開催地 広島県   参加費 無料


カテゴリ  勤怠管理システム | 人事管理システム

概要  働き方改革関連法案の成立を受け、労働時間の管理は企業共有の課題となっています。当日は、社会保険労務士による法改正を控えた就業実態の再確認、就業管理をレベルアップ…

オススメユーザー  全社スタッフ|その他


「確認」に関する特集



災害が発生した際の有事はもちろん、通常業務でも使える「安否情報確認システム」が旬。果たしてその使い方とは?


カテゴリ  安否確認システム |




世界でも有数の地震大国、日本。地震を根本から防ぐことはできませんが、地震発生時に早急な対応がとれるように準備することは可能です!「安否情報確認システム」を選ぶ際の7つのポイントをご紹介します。


カテゴリ  安否確認システム |




 震災や新型インフルエンザの流行など、緊急事態に対応する「安否情報確認システム」。今回は事業継続計画(BCP)の観点から、基礎知識、最新の注目機能、製品/サービス選びのポイントまで詳しく紹介します。


カテゴリ  安否確認システム |


「確認」に関するニュース



 ガイアックスは、API型本人確認サービス「TRUST DOCK」で、民泊予約サイト事業者や物件管理事業者向けに、旅行者のチェックイン時の本人確認を無人で行える「ID-Selfie」機能のAPIの提供を開始した。TRUST DOCKでは、客の申請情報と身分証画像を専用システムにAPI経由で送ることで、本人確認の結果がオンラインで…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 入退室管理システム | その他開発関連




 GMOグローバルサインは3月6日、マイナンバーカードに格納されている電子証明書を利用した本人確認を自社サービスに組み込めるプラットフォーム「GMOオンライン本人確認サービス」を自社開発不要ですぐに導入できる「クラウド型の本人確認サービス」の提供を、本サービスを開発したアンドバリューを通じて開始した…


カテゴリ  認証 |




 マネジメントは1月11日、課題管理ツール「TIMESLIST」に、プロジェクトごとに一目でわかる未読通知表示機能と、通知内容のダイジェスト表示機能を追加した。本ツールは、全ての課題の進捗(しんちょく)を可視化して、共有待ちや確認待ちの時間を管理できる。共有や確認がいつまでに完了するのかを明確化できるため…


カテゴリ  プロジェクト管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「BSSID 確認」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ