「bssid 確認」に近い情報
「確認」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「確認」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「確認」に関する記事情報

これからIDaaSを始める企業はまずココを確認 「3つの導入パターン」と注意ポイント : IT導入完全ガイド:

従業員の利便性や生産性、セキュリティ対策を向上させる上で、さまざまな効果が期待できるID管理システム。そこで注目を集めつつあるIDaaS(Identity as a Service)だが、導入時に考えるべきポイントはどこか。

部分導入か全体導入か、カスタマイズは必要か? クラウドERP導入前に確認すべきポイントを整理 : IT導入完全ガイド:

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

「ご確認」メールで、あなたの会社の銀行口座が狙われる : セキュリティ強化塾:

突然、亜種が生まれ、大量の攻撃が発生するマルウェア。日本語メールで銀行口座を狙う「URSNIF」が復活した。

「Googleカレンダー」で予定とタスクを一緒に確認、効率化を後押しする補助機能 : クラウド時代のオフィススイート選定術:

「Googleカレンダー」を使うと、どのようにスケジュールを管理できるのか。今回は、Googleカレンダーの特徴的な機能を紹介する。

今さら聞けない、セルフサービスBIって何? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

経営戦略に欠かせない経営データの集計、可視化、戦略の検討。ユーザー部門などの現場で簡単に確認できるようになるセルフサービスBIは、これまでのBIツールと何が違う?

オンラインストレージ導入前、4つの確認すべきポイント : そこが知りたい!オンラインストレージ:

法人向けオンラインストレージは個人で利用する場合とは異なり、選定、導入前には、幾つか注意すべき点がある。最低限確認したいポイントを4つ紹介する。

多種多様なコラボレーションツールの選定時に確認すべき3点 : そこが知りたい!コラボレーションツール:

種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変だ。ここだけは押さえたい「導入前に確認したいポイント」をまとめた。

「残高」「ご確認」……、日本語ばらまきメールに要注意 : セキュリティ最初の一歩:

2016年4~6月期に企業が受信した攻撃メールの多くは、違和感のない日本語だったとIPAが報告。その手口を知っておこう。

SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイント : そこが知りたい!SFA:

SFAを導入しても、うまくデータを活用でき、結局営業の手間を増やすだけで、使われないまま放置されてしまうケースが多い。導入前に確認したいポイントを整理する。

拡大するDDoS攻撃、攻撃者が日本を狙うワケ : セキュリティ最初の一歩:

大量のパケットを送りつけてネット接続をマヒさせるDDoS攻撃。古典的な手法だが、2015年には500Gbpsを超える大規模攻撃も確認された。

「確認」に関するIT製品情報

未知の攻撃の検知から解析まで 侵害を継続的に阻止するための5大要件

CrowdStrike Japan株式会社

「次世代」をうたうエンドポイントセキュリティ製品は多数あるが、その実、旧式のプラットフォームを反復しているにすぎないものも多い。真の意味での「次世代」を見極めるために、確認しておきたい5つのポイントを紹介する。

VMware環境のクラウド移行で押さえておきたい「4つの手順」と「重要確認事項」

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

仮想サーバをクラウド化しても、アプリの再構築や改修は避けたいという声は多い。ハードウェアのみパブリッククラウドへのリプレースしたい企業向けに、VMware環境の移行を行った際のよくある質問や、注意すべきポイントをまとめた。

基礎から分かる「VMware環境のクラウド化」 事前に確認しておきたい8項目とは

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

ハードウェアの保守期限やOSのサポート終了など、仮想化基盤の諸問題を解決するクラウド移行。そこでよく聞かれる「現行システムをそのまま移行して使い続けたい」という要望をかなえるのが、VMwareベースのパブリッククラウドだ。

サイバー攻撃レポート2018:「正規」を隠れみのとする標的型攻撃への対策は?

トレンドマイクロ株式会社

2017年に確認された標的型サイバー攻撃では、Windowsの標準コマンドや正規ツールなどを隠れみのとする「気付けない」攻撃がますます増加している。本資料では2017年のサイバー攻撃動向から、有効な対策を探った。

法人の4分の1で侵入を確認、標的型サイバー攻撃の現状と対策

トレンドマイクロ株式会社

ある調査によると、法人組織の4分の1で遠隔操作ツール(RAT)の侵入が確認されたという。標的型サイバー攻撃が巧妙化する中で、企業や組織はどのようにして、隠蔽(いんぺい)されたRAT活動への対策を進めていけばよいのだろうか。

「確認」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。