「bi 種類」に近い情報
「bi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi」に関する記事情報

「そして誰も使わなくなった…」放置されたBIツール、「牛角」チェーンの復活劇とは : イベントレポートアーカイブ:

「牛角」などの飲食店チェーンで知られるレインズインターナショナルは、海外製のBIツール導入に失敗、「導入1年後には誰も使わなくなった」状況に陥った。同社のBIツール活用の軌跡とは。

LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox……本命は? : IT導入完全ガイド:

NB-IoT、LTE-M、LTE(Cat.1)、LoRaWAN、Sigfox。IoTニーズを満たす無線として注目を集めるLPWAだが、どの規格を選べばよいのだろうか。表で徹底比較し、ポイントを解説する。

「あの社員辞めそう」「この顧客は上確度」 文章からあぶり出すAI「KIBIT」 : イベントレポートアーカイブ:

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

セルフサービスBIと連携させると役に立つツールとは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

連携やシステムとの組み合わせがカギになる。一見何気ないデータも宝になり得るセルフサービスBI。その活用法を紹介する。

セルフサービスBIを上手に使いこなすコツは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

非常に便利な「セルフサービスBI」ツールだが、使いこなすには少し工夫が必要だ。どうすればより効果的に使いこなすことができるのだろうか?今回はツールの育て方を紹介する。

資生堂はセルフサービスBIをここで使う、目指すは「モノ」から「ヒト」へのデータ分析 : イベントレポートアーカイブ:

約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売り上げ拡大や、店舗送客などどのように活用しているのか。巨大なDMPの活用方法について詳しく聞いた。

セルフサービスBI導入の失敗、4つのあるある事例 : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIを漠然と導入すると、無駄な投資になりかねない。導入方法や使い方を誤らないために、あらためてセルフサービスBIへの正しい認識を紹介する。

セルフサービスBI導入前の注意点 : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIは汎用(はんよう)性も高く機能も豊富だが、せっかく導入してもうまく活用できなければ意味がない。小さく始めて大いに活用するポイントを紹介する。

タブローユーザー1100人以上、NTTデータがセルフサービスBIを社内に普及させるまで : イベントレポートアーカイブ:

セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシュボード制作やデータ分析やできるといわれるセルフサービスBI、そこで情シスが持つべき役割は何だったのだろうか?

セルフサービスBIのコスト感は? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIは手軽に使えるものとして評判が高いが、利用形態やプランが豊富に用意されているため自社に最適な契約を行うには検討が必要だ。

「bi」に関するIT製品情報

データ分析で日常業務の「ムダ」を改善、専門知識いらずのクラウド型BIツール

SAPジャパン株式会社

営業・マーケティングなどの業務には資料作成が欠かせないが、そのための作業に忙殺されていては生産性が低下してしまう。そこで業務効率化の手段として注目されているのが、専門知識不要で情報可視化やデータ分析が可能なBIツールだ。

グループ会社438社を擁する商社が選んだデータ収集・分析基盤

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

グローバルで多数のグループ企業を抱える丸紅では、各社が持つデータを収集して一元管理するデータ基盤の構築とBI製品導入で、レポートを自動生成する仕組みを実現した。

従来のBIの枠を超える、「組み込み型アナリティクス」に求められる機能とは?

クリックテック・ジャパン株式会社

データ主導型意思決定のニーズが増大する中、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、製品にアナリティクス機能を組み込むことが必須事項となりつつある。この競争で優位性を確保するためには、どんな手法を選ぶべきだろうか。

リアルタイムデータで障害を迅速検知、水道事業向けクラウドサービスを支えるBI

日本オラクル株式会社

水処理施設の運営管理を行うクラウドサービスを提供するメタウォーターでは、リアルタイムデータ活用のニーズ増加に応え、BIツールの刷新を決意。選定の決め手となった3つのポイントと、新たなBIツールの実力とは?

経営・営業・人事 多様なデータと連携でき各部門が有効活用できるBIツールとは

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

データの適切な分析と知見の迅速な共有は、ビジネスシーンを生き抜くために欠かせない。そこで注目すべきは、従来のExcelやシステムのデータと連携し、データ分析初心者でも多彩なテンプレートで簡単に活用できるBIツールだ。

「bi」に関する新着セミナー

【福岡開催】ついにリリース!Zabbix 4.0の機能紹介と、Zabbixの応用(IoTやジョブ管理)

株式会社オープンソース活用研究所

2018/12/11(火)13:00~17:30

  • 福岡県
無料 | 定員65名 | 運用管理

BIツール・BOARD体験セミナー

日本ラッド株式会社

2018/12/13(木)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | データ分析

BIツール・BOARD体験セミナー

日本ラッド株式会社

2018/12/20(木)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | データ分析

「bi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。