「BI データ統合 とは ELT」から探す!IT製品・セミナー情報

「BI データ統合 とは ELT」 に近い情報
「BI データ統合 とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「BI データ統合 とは ELT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「BI データ統合 とは」に関するIT製品情報

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」  2017/09/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Talend Enterprise Data Integration サブスクリプション初年度ユーザライセンス価格:3ユーザ 490万円(税別) 〜

カテゴリ  ビッグデータ | BI | ETL | データ分析ソリューション | その他データ分析関連

製品概要  Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。

オススメユーザー  ビッグデータを効果的に活用したい企業。ETL/ESBによるデータ統合を容易に実現し、ライセンス投資をできるかぎり抑えたい企業。


オープンソースBI & Webレポーティングインフラ「Jaspersoft」  2014/12/01


ワークブレイン・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 125万円〜 Jaspersoftサブスクリプションライセンス※税別

カテゴリ  BI | ETL

製品概要  無償版:帳票作成/管理/OLAP/ETL機能を自由にDL有償版:ビッグデータ含む多様なデータ統合、多様なDWH連携、ユーザレポーティング・分析機能・マルチテナンシー・ログ情報

オススメユーザー  情報の利活用を推進したいが、膨大なデータ・ビッグデータ・利用ユーザの適用拡大・コスト等が原因で実現が難しい企業。


「BI データ統合 とは」に関する特集



 キーマンズネットをご覧の読者の皆様、フロムスクラッチの宮川です。『データ活用経営を実現し、労働生産性を向上する3つのポイント』として、これまで2回にわたってデータ活用経営におけるポイントについてお話してきました。   昨今、日本中で働き方改革が叫ばれています。多くの組織ではどうやって残業時間を減らすかなど、まず労働時間の抑制から着手しています。今後は時間あたり生産性を向上させる課題に多くの組織が直面すると考えらえています。そんな中、注目を集めているのがデジタルツール導入によって、データを活用した生産性向上施策です。 前回「データ活用経営を実現し、労働生産性向上のポイント1"いつでも"」は、データマーケティングを実現するにあたり、企業が保有するさまざまなデータを「統合」し、「いつでも」使える状態にしておくことで、効果的なマーケティング施策をスピーディーに実施することが可能になることをお伝えいたしました。データが統合されることで、単純な業務工数削減はもちろん、これまで創出できなかった付加価値がデータ統合によってもたらされ、結果として労働生産性が向上する可能性を秘めています。


カテゴリ  データ分析ソリューション | BI



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「BI データ統合 とは ELT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ