「BEATBOXとUTMの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「BEATBOXとUTMの違い」 に近い情報
「BEAT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「BEATBOXとUTMの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説UTM【Unified Threat Management】とは?

UTM(Unified Threat Management)は、主にインターネットと社内ネットの境界(ゲートウェイ)に設置し、通信の内容をセキュリティ上のさまざまな視点でチェックして、社内ネットワークと社外ネットワークの接続制御を行うシステム。ファイアウォールに加え、IPsec VPN、IDS/IPS、アンチウイルス、Webとメールのフィルタリング、更にSSL-VPNやWAF、DLP(Data Loss Prevention)、次世代ファイアウォールなどの防御対策機能が搭載されている。

「BEAT」に関するIT製品情報

beat/entry サービス  2015/03/23


富士ゼロックス

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【基本料金】初期料金:2万円(税別)月額料金:8800円(税別)

カテゴリ  IPS | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  1台のアプライアンスでインターネットの脅威を統合的にカバーし、その運用管理をアウトソースするサービス。かつネットワーク利活用の機能も提供。

オススメユーザー  セキュアでメンテナンスが容易なネットワークを構築したい企業。テレワーク環境を安価で簡単に構築したい企業。


beat/active サービス  2014/05/01


富士ゼロックス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【基本料金】初期料金:6万円(税別)〜月額料金:1万2800円(税別)〜※利用者60名までが上記金額となります。

カテゴリ  UTM | IPS | ファイアウォール | アンチウイルス | メールセキュリティ | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  セキュアなネットワーク環境をアウトソーシングサービスで実現。メッシュ型/スター型VPN、ハードの多重化、リモートアクセス、コンテンツフィルタなど多彩な機能を提供。

オススメユーザー  セキュリティ対策やネットワークの維持にかかる運用管理の負担を軽減し、障がいに強いVPN構築をしたい企業。


「BEAT」に関するニュース



 株式会社Beat Communication(ビート)は、社内SNS「Beat Shuffle」に、外部の利用者とのコミュニケーションを行なうための“社外コミュニケーション承認機能”を装備し、提供を開始した。「Beat Shuffle」は、組織内の様々な情報を管理・共有する仕組みを備え、業務効率化やコミュニケーション活性化を支援する社…


カテゴリ  社内SNS | ワークフロー



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「BEATBOXとUTMの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ