「BASIC STANDARD 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「BASIC STANDARD 違い」 に近い情報
「BASIC 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「BASIC STANDARD 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「BASIC 違い」に関する特集



2000年前後にVisual Basicで開発されたシステムは、今後 .NET へ移行する必要があります。移行する必要はいくつかありますが、大きくは以下になります。- Visual Basicの開発環境であるVisual Studio 6 IDEは、WindowsXPまでのサポートとなっています。WinodowsXPはすでにサポート切れになっているため、現行、正式にサポートされているOS上で開発をすることができません。- Visual Basicで開発されたアプリケーションがWindows上で動作するには、ランタイムライブラリーが必要です。現在、Windows8.1にはランタイムライブラリーがサポートされていますが、このサポートがいつまで続くかは不明です。また、Windowsの標準インストールでは含まれていないライブラリもあり、この場合、別途ダウンロードしてインストールが必要です。以上のようなことから「.NET」への移行が必要とされています。


カテゴリ   |


「BASIC 違い」に関するニュース



 RPAテクノロジーズは、アイエルアイ総合研究所と業務提携を行い、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベーステクノロジー「BizRobo!」と、Excelをプラットフォームにしたマクロ・VBAが不要なプログラム開発ツール「StiLL」を組み合わせ、より高度なExcel業務の自動化を図れる「Basic Robo! StiLL …


カテゴリ  システムインテグレーション | EDI | BPM




 KDDIは、「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の運用オプション「マネージドオプション」の第1弾として、監視設定の自動化ツール「Basic」の提供を開始した。同社の運用ノウハウを盛り込んだ監視設定内容を提供する。本オプションでは、同サービスのユーザー用管理コンソール「Admin Console」から、ユーザ…


カテゴリ  サーバー管理 | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「BASIC STANDARD 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ