「AWS 運用管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「AWS 運用管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AWS 運用管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説運用管理とは?

運用管理とは、ITシステムを少しでも効率よく運用していくための仕組みのこと。たとえば、サーバを数台導入するだけなら、どのサーバにどんなアプリケーションやデータベースがインストールされているのかを把握しておくことは難しい話ではないが、あらゆる部門で複数のサーバとアプリケーションが多数稼働するようになると、とてもシステム管理者の頭の中だけで把握しておくことは難しく、サーバ管理やネットワーク管理、パフォーマンス診断、ファシリティマネジメントといった個別の管理ツールが必要になる。しかし、システム規模が大きくなってきたり、システム構成が複雑になってきたりすると、管理ツールの操作にも手間取るケースが出てきてしまう。そこで、ITシステム全体の稼働状況などを統合コンソールから共通化されたオペレーション環境で一元管理するための仕組みが必要になり、その結果、運用項目ごとに導入する単体の運用管理ツールと、システム全体を管理する統合運用管理ツールが製品化されるようになった。

「AWS 運用管理」に関するIT製品情報

おまかせクラウド  2015/06/01


クロスパワー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | バックアップサービス | サーバー管理

製品概要  AWSの導入を検討している企業に合わせた提案から環境構築までを支援。AWS環境のシステム監視や障害対応、運用業務を一元管理で代行する。

オススメユーザー  オンプレミス環境からAWS環境への移行支援や新規構築の導入支援が必要な企業。AWS環境における運用代行を一元管理したい企業。


クラウドリファレンスキット for AWS  2018/02/06


SCSK

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 月額5万円(税別) ※ご利用期間12カ月〜

カテゴリ  IaaS/PaaS | データセンター運用 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  ガイドラインと自動設定ツール、標準運用ツールをセットにしたAWS活用ソリューション。

オススメユーザー  品質の一定化と企業システムに必要なセキュリティレベルを確保しながら、AWSを迅速かつ容易に導入したい企業。


「AWS 運用管理」に関するセミナー情報

AWS初心者と中級者向けの運用管理セミナー 注目

主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン


開催日

 7月5日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  IaaS/PaaS | ホスティング | プライベートクラウド

概要  AWSの強みは圧倒的な実績や豊富で先進的なサービス群だけではありません。実はセキュリティ性と運用管理性の高さが評価され、「用途拡大」されているケースが数多くあり…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


AWS初心者と中級者向けの運用管理セミナー

主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン


開催日

 7月27日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  IaaS/PaaS | ホスティング | プライベートクラウド

概要  AWSの強みは圧倒的な実績や豊富で先進的なサービス群だけではありません。実はセキュリティ性と運用管理性の高さが評価され、「用途拡大」されているケースが数多くあり…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


「AWS 運用管理」に関する特集



 今回は「第2回:AWSの意外な落とし穴!セキュアなAWS運用はどう実践すべきか」で説明した内容を更に深堀しながら、AWSの利用企業がどのような体制と意識で、導入や運用管理に臨むべきかを考えていきます。


カテゴリ  IaaS/PaaS |




 AWS(Amazon Web Services/アマゾン ウェブ サービス)は、今では企業規模や業種を問わず、誰もが利用するクラウドサービスプラットフォームになりました。グローバルで鍛えられ、実績が豊富、サービスメニューも多様なことから、Webシステムはもちろん、従来ならオンプレミス構築が常識だった基幹系システムにも多用されています。 しかしながら「IT資産のオフバランス化」や「運用管理の省力化」などにばかり注目してAWSに業務システムを構築・移行していくと、特にセキュリティ面の実装がおろそかになり、気づかずに高リスクなシステムになっていることがあるのです。セキュリティ設定と運用は、オンプレミス構築システムと本質的には変わらず、ちょっとした勘違いや間違った思い込みが、情報漏洩などの思わぬ大事件に発展しないとは言えません。 そこで今回は、AWSを安全に利用するために、IT部門や業務部門の担当者が知っておくべき「落とし穴」と、そこに陥らないようにするコツを、4回連載で紹介していきたいと思います。


カテゴリ  IaaS/PaaS |


「AWS 運用管理」に関するニュース



 IIJは4月2日、「IIJ統合運用管理サービス」の機能を拡充し、システム監視範囲を拡大した。本サービスでは、マルチクラウドの一元管理やオペレーションの自動化をSaaS型で提供。クラウドからオンプレミスまで点在するシステムを包括的に監視・運用できる。今回拡張された点は大きく分けて3つ。1つ目は、ユーザーから…


カテゴリ  統合運用管理 | その他データセンター関連 | 運用系業務アウトソーシング




 TISは、金融業界におけるAWS(アマゾン ウェブ サービス)の本格利用や大規模展開を支援する「金融業界向けAWS運用テンプレート」の提供を開始する。本ソリューションでは、「クラウド利用ガイドライン」「統合運用管理基盤」の2つのテンプレート群を提供。AWSへの移行前のシステム品質を保ちながら、短期間で移…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データセンター関連




 クラウド・スコープ・テクノロジーズ(CST)は2月6日、統合監視システムの新版「Monarch 1.4」をリリースした。新版の特長は大きく分けて2つ。1つ目は、パブリッククラウドにも対応した統合監視機能が追加されたことだ。自社で構築したシステムやプライベートクラウドの監視や管理を行いながら、同時にパブリック…


カテゴリ  統合運用管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AWS 運用管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ