「AWS セキュリティ クラウド 責任」から探す!IT製品・セミナー情報

「AWS セキュリティ クラウド 責任」 に近い情報
「AWS セキュリティ クラウド」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AWS セキュリティ クラウド 責任」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「AWS セキュリティ クラウド」に関する特集



 今回は、AWS導入企業がついやってしまう、あるいは気がつかずに放置しているセキュリティの3つの落とし穴を説明します。知らぬ間に設定ミスを冒すケースもありますし、運用を続けるなかでシステムをどんどん拡張していくことで、徐々にシステムのセキュリティレベルが低下していくケースもあります。


カテゴリ  IaaS/PaaS | プライベートクラウド




周辺システムをIaaSへ移行する企業は増えたが、企業の多くは基幹システムをクラウド化できずにいる。その不安を解消するには?


カテゴリ  IaaS/PaaS |




 AWS(Amazon Web Services/アマゾン ウェブ サービス)は、今では企業規模や業種を問わず、誰もが利用するクラウドサービスプラットフォームになりました。グローバルで鍛えられ、実績が豊富、サービスメニューも多様なことから、Webシステムはもちろん、従来ならオンプレミス構築が常識だった基幹系システムにも多用されています。 しかしながら「IT資産のオフバランス化」や「運用管理の省力化」などにばかり注目してAWSに業務システムを構築・移行していくと、特にセキュリティ面の実装がおろそかになり、気づかずに高リスクなシステムになっていることがあるのです。セキュリティ設定と運用は、オンプレミス構築システムと本質的には変わらず、ちょっとした勘違いや間違った思い込みが、情報漏洩などの思わぬ大事件に発展しないとは言えません。 そこで今回は、AWSを安全に利用するために、IT部門や業務部門の担当者が知っておくべき「落とし穴」と、そこに陥らないようにするコツを、4回連載で紹介していきたいと思います。


カテゴリ  IaaS/PaaS |


「AWS セキュリティ クラウド」に関するニュース



 フォーティネットは、パブリッククラウド向けのセキュリティソリューションの提供を日本国内で開始した。本ソリューションは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのクラウドプラットフォームに対応する。マルチテナントや仮想UTM(VDOM)、ネットワークのセグメント化に対応する。柔軟な課金・ライ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 エフセキュアは、Amazon API Gateway上で動作するURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」の提供を、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Marketplaceで開始する。リンクや共有機能を備えたさまざまなクラウドサービスのセキュリティを強化できる。本APIは、クラウド内の悪意あるコンテンツのURL…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 リンクは、クレジットカード情報を取り扱う事業者が、Amazon Web Services(AWS)上でPCI DSSに準拠できるよう支援するクラウドサービス「PCI DSS Ready Cloud AWSモデル」の提供を2017年秋に開始する。本サービスでは、AWS上で稼働するサーバ環境でPCI DSSに準拠するために、ユーザー企業自らがセキュリティシス…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AWS セキュリティ クラウド 責任」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ