「ATL バックアップ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ATL バックアップ」 に近い情報
「ATL」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ATL バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「ATL」に関するIT製品情報

課題管理システム Atlassian JIRA(アトラシアン ジラ)  2012/09/26


go2group

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:1000円〜(税別)

カテゴリ  プロジェクト管理 | ワークフロー | ナレッジマネジメント | 文書管理 | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  ソフトウェア開発におけるバグ報告や機能改善リクエストの管理だけでなく、出張申請や物品購入申請といった組織内のタスクを課題として管理可能な課題管理システム。

オススメユーザー  ●ソフトウェア開発プロジェクトを効率的に管理したい企業●チーム内で情報共有を図り、円滑にプロジェクトを運営したい企業


at+link(エーティーリンク)  2013/09/15


リンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●専用サーバサービス初期:7万6000円〜/月額:1万9000円〜●クラウド日課金:160円〜/月課金:4000円〜すべて税別

カテゴリ  ホスティング |

製品概要  高度な技術と充実のサポートで、最適な環境を低価格で構築。1996年のサービス開始以来2万台の実績を誇る、豊富なソリューションをもつ企業向けホスティングサービス。

オススメユーザー  コストを抑えながら、高度な技術力ときめ細かなサポートによる高品質なホスティングサービスをお探しの方。


ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」  2017/01/13


ネオジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【クラウド版】1ユーザー月額300円【パッケージ版】15万円〜※税別

カテゴリ  社内SNS | ファイル共有 | その他情報共有システム関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。

オススメユーザー  ●メールに代わるリアルタイムなコミュニケーションツールをお探しの企業●情報共有のスピードアップ、効率化を図りたい企業


「ATL」に関するセミナー情報

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー

ネオジャパン


開催日

 1月31日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ファイル共有 | 電子メール

概要  1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


【東京】現場から始める働き方改革セミナー

ネオジャパン


開催日

 1月16日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | ファイル共有 | 電子メール

概要  1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|営業・販売|経営者CIO


「ATL」に関する特集



 Webブラウザを利用したサービスが多様になり、情報のやり取りが簡単になっただけに、ハッキング攻撃にさらされる危険性も高まっており、暗号化通信は不可欠な要素になった。暗号化通信は、HTTPSプロトコルを使用することで実現できるが、HTTPSプロトコルを使用するためには、認証機関(CA:Certificate Authority)からSSL認証書の発行をしなければならない。しかし、費用に対する負担と複雑な認証プロセスなどにより、発行率は低いのが現実である。  2016年5月に東京証券取引所市場第1部に上場した主要企業を対象に、日本のWebソリューション会社であるAtlas21が実施した調査によると、Webサイトの全ページに暗号化通信を適用しているHTTPS完全対応率は1%で、世界の主要企業が17%であることに比べ、かなり低い数値を記録した。 つまり、ほとんどのWebサイトでSSL/TLSが適用されておらず、セキュリティの最も基本である暗号化通信も保障できていない状況ということだ。


カテゴリ  Webアプリケーションサーバ |


「ATL」に関するニュース



 東芝デジタルソリューションズは10月30日、システムの最適化や自律化をAI(人工知能)で支援するサービス「SATLYS」の提供を開始した。本サービスでは、画像やセンサーデータ、検査データ、業務データ、行動データなどを解析。識別や予測、要因推定、異常検知、故障予兆検知、行動推定などを行う。AIモデルの最適設…


カテゴリ  データ分析ソリューション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ATL バックアップ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ