「AT LINE ビジネスコネクト 費用」から探す!IT製品・セミナー情報

「AT LINE ビジネスコネクト 費用」 に近い情報
「AT LINE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AT LINE ビジネスコネクト 費用」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「AT LINE」に関するセミナー情報

Office 365・SharePoint Onlineハンズオン 社内情報の見える化

カコムス


開催日

 1月13日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  グループウェア | オフィスソフト | IaaS/PaaS

概要  大変ご好評頂いておりますOffice 365及びMicrosoft Azureハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて新年2017年1月も開催させていただきま…

オススメユーザー  システムの設計・運用|営業・販売|情報システム部の統括


「AT LINE」に関する特集



 先週、LINEが1億ユーザを突破したと発表がありましたが、アジア版LINEとも言われている「WeChat(微信)」のユーザ数は、4ヵ…


カテゴリ  その他情報共有システム関連 | スマートフォン




 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |


「AT LINE」に関するニュース



 プロトコーポレーションは、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」のアプリとして、「DataLineロボ査定」「DataLineハイ!ロー!グー!」「DataLineロボとも」の提供を開始した。DataLineロボ査定は、プロトコーポレーションが提供・運営する自動車の査定システム「DataLine」のデータベースをPepperと…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他情報共有システム関連




 ADDIXは、従業員から家族や知人を招待するファミリーセールの招待状をメールとSNSで送信するツール「ENvitation(エンビテーション)」の提供を開始した。ENvitationでは、招待状の送付相手に合わせて送信方法をHTMLメール、LINE、Facebook、Twitterから選択できる。HTMLメールで送付する場合、送信情報と送付先の…


カテゴリ  電子メール |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AT LINE ビジネスコネクト 費用」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ