「arcserve disaster recovery バックアップ手順」に近い情報
「arcserve」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「arcserve」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「arcserve」に関するIT製品情報

物理・仮想と複雑化するデータ保護環境、運用も見据えた最適化の方法とは

arcserve Japan合同会社

IT環境の複雑化に伴い、データの増加や管理コストの増大などバックアップ製品の導入・運用はさまざまな課題を抱えている。できるなら、導入から運用までシンプルかつ低コストに利用したいものだ。そこで最もシンプルな解決策を紹介する。

メールデータ復旧がわずか20分、甲南女子大学に学ぶバックアップ運用の効率化

arcserve Japan合同会社

複数サーバをバラバラに運用していたことから、バックアップに課題を抱えていた甲南女子大学。同大学では、他のサーバから独立して利用できるバックアップアプライアンスの導入でデータ復旧を迅速化。大幅なコスト削減も実現したという。

“無停止”の教務システムを実現、国際基督教大学のバックアップ環境刷新術

arcserve Japan合同会社

国際基督教大学ではBCP対策を含めサーバを仮想化環境へ移行したが、バックアップによるシステム停止やストレージの容量不足が課題となった。仮想化基盤の再構築を機に“無停止バックアップ体制”を構築した、同大学の取り組みに迫る。

短時間で運用を開始でき、IT人材不足でも運用できるバックアップ環境を構築する

arcserve Japan合同会社

企業規模を問わず、バックアップ/リカバリー環境の構築は重要なタスクだ。 求められるのは、短時間で運用を開始でき、IT人材不足の拠点でも利用できる 環境だろう。その実現を容易にする、仮想化環境の活用方法を紹介する。

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術

arcserve Japan合同会社

芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台 のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、バックアップ製品を導入 した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

「arcserve」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。