「APPLICATION LIFECYCLE MANAGEMENT キヤノン」から探す!IT製品・セミナー情報

「APPLICATION LIFECYCLE MANAGEMENT キヤノン」 に近い情報
「APPLICATION MANAGEMENT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「APPLICATION LIFECYCLE MANAGEMENT キヤノン」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「APPLICATION MANAGEMENT」に関する特集



企業内に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAI(Enterprise Application Integration)は、BPM(Business Process Management)


カテゴリ  EAI |




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「APPLICATION MANAGEMENT」に関するニュース



 株式会社レコモットは、同社のセキュアMAM(Mobile Application Management)サービス「moconavi」と、Sansan株式会社のクラウド名刺管理サービス「Sansan」とを連携することで、端末本体のアドレス帳に登録がなくても着信時に発信者情報をプッシュ表示できる機能の提供を開始した。今回の連携では、クラウド上の「…


カテゴリ  MDM | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「APPLICATION LIFECYCLE MANAGEMENT キヤノン」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ