「API アプリ」から探す!IT製品・セミナー情報

「API アプリ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「API アプリ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「API アプリ」に関するIT製品情報

つながるクラウドERP ツバイソ  2016/01/15


ツバイソ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【ユーザライセンス料】機能により1ユーザ100円/月〜【法人ライセンス料】2万1000円/月〜※税抜、年一括前払いの場合

カテゴリ  ERP |

製品概要  REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERP。業務と業績管理を自動化できる。

オススメユーザー  全社員の事務作業時間の削減、部門別の業績の見える化、リアルタイム決算、ヒト、モノ、カネ情報の一元化をしたい企業。


Sapiens eMerge  2013/02/01


サピエンス・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  開発ツール | その他基幹系システム関連 | IT資産管理 | 統合運用管理 | 開発環境/BaaS

製品概要  データの定義と業務ロジックを入力するだけで、任意の稼働環境に対応した業務アプリケーションを自動生成する次世代システム開発ツール。

オススメユーザー  業務アプリケーションの開発・再構築に要する納期の短縮・コスト低減・品質保証を実現したい企業。


ビッグデータ自動仕分けエンジン 「JetForce」  2015/12/01


Jetrunテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ検索ソフト | その他情報共有システム関連 | その他データ分析関連

製品概要  ビッグデータをリアルタイムに解析する拡張型テキスト解析エンジン。WebAPIでの連携により、アプリや外部サービスとのシステム連携が可能

オススメユーザー  製造業(特に自動車産業)に特化した、機械学習システムや人工知能を開発する企業向け。


「API アプリ」に関するセミナー情報

Zabbix APIコース

Zabbix Japan


開催日

 1月23日(月)〜1月24日(火)

開催地 東京都   参加費 10万8000円(税込)


カテゴリ  サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

概要  Zabbix APIトレーニングはZabbix社が作成したPHP用ライブラリ利用して実際にプログラミングを行いながら実際に動作するアプリケーションを作成し、AP…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「API アプリ」に関する特集



 「私が学生のころ、ポケベルという連絡手段を持たなければ飲み会に誘ってもらえない時代があった。基幹業務アプリケーションの世界で、これと同じことが起こりつつある」――SAPジャパン社長の福田譲氏は、プレス発表の際に「他と接続できることの重要性」を、同世代にとっては非常に“身近な例”に置き換えて説明した。 他と接続できる連絡手段とは、昔の「ポケベル」であり、現代の業務アプリケーションでいえば、Web標準でありAPI類ということになるだろう。いくら優秀でも人格者でも、ツールを持たなければツールを介した情報網からは脱落してしまう。エンタープライズITの中でも、「APIエコノミー」「オープン」「マイクロサービス」などをキーワードに、多様な機能を組み合わせて新しい価値を作っていく流れがおこりつつある。これらのツール類を持たないエンタープライズITでは、ITを駆使して新しい価値を作っていくトレンドから脱落しかねない。


カテゴリ  IaaS/PaaS | ERP | データ分析ソリューション | システムインテグレーション | 開発環境/BaaS | DevOps




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「API アプリ」に関するニュース



 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、オンプレミス環境にあるアプリケーションやデータなどの既存資産とIBMクラウドの円滑な連携や、APIの公開によるクラウド・サービスの開発を支援するため、「IBM Connect」シリーズの一部の無償提供を開始した。無償提供の対象となる製品は、API管理/運用ソフトウェ…


カテゴリ  EAI | Webアプリケーションサーバ




 日本IBMは、クレジットカード業務に関連したFinTechサービスを提供する企業向けに、汎用的な「FinTechカードAPI」を提供し、10月から接続検証を開始する。FinTechカードAPIは、カード利用明細、ポイント照会、サービス利用状況照会といったFinTechサービスとクレジットカード会社・信販会社の既存システムをアプリ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | EAI




 ナレッジスイート株式会社は、セキュアな環境で利用できる、GPS(Global Positioning System)位置情報連動型ビジネスチャットアプリ「DiSCUS」を7月中(予定)に発売する。「DiSCUS」では、開発者向け機能として、HubotなどのチャットBotを装備できるAPIが用意されているほか、パブリッククラウドやプライベート…


カテゴリ  社内SNS | GPS | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「API アプリ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ