「APEOSPORT-IV C3375 無線LAN設定方法」から探す!IT製品・セミナー情報

「APEOSPORT-IV C3375 無線LAN設定方法」 に近い情報
「APE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「APEOSPORT-IV C3375 無線LAN設定方法」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「APE」に関するIT製品情報

SAP ERP専用 簡易EAIツール 「ConnectPlusGT」  2016/04/01


クレスコ・イー・ソリューション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス 520万円〜※税別

カテゴリ  ERP | データベースソフト | ワークフロー | 生産管理システム | 在庫管理システム | 統合ログ管理

製品概要  SAP ERPと、分散する社内外システムとのデータ連携をノンプログラミングで実現するデータリンクステーションソフトウェア。既存システムとのデータ統合などが手間なく可能。

オススメユーザー  SAP ERPを導入したのに、既存システムとリアルタイムで連携が取れていないといった問題を抱えている企業。


BusinessSPECTRE  2016/06/24


電通国際情報サービス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:800万円〜(税別)

カテゴリ  ETL | ERP | BI

製品概要  SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。

オススメユーザー  手軽かつ便利にSAP ERPのデータ活用を行いたい企業。SAP ERPと周辺システムとの連携を容易に行いたい企業。


SAP月額利用料型ホスティングサービス BusinessACXEL  2012/11/26


電通国際情報サービス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費用 990万円〜(税別)月額ユーザライセンス 1万5000円〜(税別)※詳細はお問い合わせ下さい

カテゴリ  ERP |

製品概要  SAP ERPを月額料金で利用できるクラウドサービス。短期間で導入可能な上、ライセンスやハードウェアの購入費用がかからないため、初期費用や運用負荷を大幅に低減できる。

オススメユーザー  低コストでSAP ERPを導入したい企業、ERP運用のコストや手間を削減したい企業、海外拠点に共通のERPを展開したい企業など。


BusinessACXEL  2016/06/24


電通国際情報サービス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | BI

製品概要  SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。

オススメユーザー  SAP ERPを検討したが、コストや構築期間、運用などがハードルになり実現しなかった企業。グローバルでSAPを活用したい企業。


SAPデータ連携フレームワーク BusinessSPECTRE  2012/11/26


電通国際情報サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス 800万円(税別)

カテゴリ  BI |

製品概要  SAP独自の変更文書に対応し、高度な差分転送が可能なSAPデータ連携フレームワーク。SAP ERPに格納された大量の業務データを高速に抽出し、様々な用途に活用できる。

オススメユーザー  BIや予算管理、帳票作成、Excelを活用したデータ分析など、様々な用途にSAPデータを活用したい企業。


「APE」に関するセミナー情報

ACMS最新モデル「ACMS Apexのご紹介」 締切間近

データ・アプリケーション


開催日

 4月27日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  統合運用管理 | ファイル転送 | 暗号化

概要  ACMS Apexは、ACMS シリーズの最新モデルとして豊富な機能を備えた、ビジネスの変化に強く、新たなイノベーションを生み出す新しいコンセプトのエンタープラ…

オススメユーザー  システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括


「APE」に関する特集



 前回は、自社のセキュリティポリシー作りに役立つ「第三者認証」について紹介しました。今回からは、cloudpackが公開しているセキュリティポリシー「Security White Paper」の中から、読者の皆さんのセキュリティ改善に役立ちそうなポイントを抽出して紹介していきます。あくまでも、自社のセキュリティ体制を見直すもしくは改善するための参考になれば幸いです。 なおcloudpackではAWS利用に際し、すべてのセキュリティを管理しているわけではありません。AWS利用には「責任共有モデル」という考え方があります。 図1の「責任共有モデル」をご覧下さい。AWSのファシリティやAWSから提供される基盤は、AWSがセキュリティを管理します。cloudpackは、AWSの上で構築したシステムのセキュリティを担当します。更にそのインフラの上で、お客様が構築・運用されるアプリケーションとデータは、お客様側で保護することが原則です。とはいえオンプレミスなら、あらゆる要素のセキュリティをお客様が管理することを考えれば、だいぶお客様の負担が軽減されるはずです。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス




 IaaSは日本企業に今やすっかり受け入れられたように見えますが、クラウド導入に対する不安はなかなか無くならないようです。多くの調査でクラウドへの不安の有無を尋ねるとほとんどは「ある」と回答され、その不安要素の筆頭は「セキュリティ」です。 ところが、「セキュリティのどの部分に問題があるのか」という問いに関する回答は、漠然としています。可用性・稼働率のように具体性のある数字で表される事項への不安よりも、数値化できない「いつか何か悪いことが起きるのでは」という漠然とした不安感の方が勝っているのがどうやら現実のようです。 私は「cloudpack」というAWS(Amazon Web Services)を利用するお客様向けに、24時間365日のフルマネージドサービスを提供している会社に所属しています。当社のお客様の中にも、クラウドのセキュリティを自社のステークホルダーに納得してもらうことに苦労されている方が多く、安全性をどう評価すれば良いのか、導入以前の検討段階で悩まれる企業も多いようです。 cloudpackは、自社のインフラのほとんどをAWSで実装しており、そのセキュリティがどのような手段もしくは方法で保たれているのかを、「cloudpack Security White Paper」というドキュメントを通じて公開しています。このドキュメントは、主にお客様にcloudpackを安心してご利用いただくために情報をオープンにしているわけですが、自社のインフラにクラウドを利用したいと関心を持ちながらも、漠然とした不安をお持ちの方にも役立つだろうと考えています。 今回は、当社のホワイトペーパーをなぞらえながら、ぜひチェックしていただきたい主要ポイントを、全4回で解説したいと思います。自社のインフラに、クラウドを活用したいと考えている方々にご参考になれば幸いです。


カテゴリ  認証 |


「APE」に関するニュース



 クレスコ・イー・ソリューション(CeS)は、コンカーの経費精算クラウドサービス「Concur Expense」とSAPのERPシステムを連係するツールの新版「ConnectPlus for CONCUR Expense V1.1」を発売した。本ツールでは、SAP ERPシステムへのアドオン開発をせず、初期設定を行うことで、Concur ExpenseとSAP ERPシステム…


カテゴリ  EAI | 会計システム




 mixtapeは、クラウド型のコンタクト管理サービス「formrun」の提供を開始した。Webサイトでの会員登録や問い合わせなどに利用するフォームを容易に作成でき、入力した顧客情報の管理、コミュニケーションまでを一元的に行える。本サービスでは、テンプレートを選択してテキストを入力することでフォームを作成でき…


カテゴリ  CRM | 電子帳票システム | その他情報共有システム関連 | その他WEB構築関連




 サイバネットシステムは、自動車用照明設計ソフトウェア「LucidShape CATIA CAA V5 Based」を発売した。LucidShapeは、ヘッドランプやテールランプをはじめとする自動車用照明器具の設計・解析を行うソフトウェア。光の拡がりから形状を導けるアルゴリズムを搭載し、光の性能を基準に設計を進めることで設計時間の…


カテゴリ  特定業種向けシステム | CAD



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「APEOSPORT-IV C3375 無線LAN設定方法」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ