「AMAZON システム開発 訪問」から探す!IT製品・セミナー情報

「AMAZON システム開発 訪問」 に近い情報
「AMAZON」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AMAZON システム開発 訪問」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「AMAZON」に関する特集



 Kindle Direct Publishing(KDP)において、表紙はとても大事です。みなさんは、Amazonで書籍を眺めた時、どこに目を惹かれ…


カテゴリ  CMS | CGM




「社員が外に食べに出なくなった」とウワサの健康的な社食スペースや、驚きの社内映画館に潜入。


カテゴリ   |




アマゾンジャパンは9月20日、法人・個人事業主向け購買サービス「Amazon Business」を開始した。企業が購買に対して抱えている課題を解決するという。ナビタイムや大阪大学がサービスに対する見解を語った。


カテゴリ  EC | その他基幹系システム関連


「AMAZON」に関するニュース



 NIPPON PAYは、ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」向けに、Amazonの決済サービス「Amazon Pay」を利用できるプラグインの無料提供を9月8日から開始する。Amazon Payでは、Amazon.co.jpアカウントに登録されている配送先やクレジットカード情報を利用できるため、独自のECショップでもAmazon.co.jpと同様の操作…


カテゴリ  EC | シングルサインオン




 アピリッツは、EC向けの在庫・受注・商品情報の自動連携ツール「モールコネクター」に、Amazonの受注・出荷代行サービス「フルフィルメント by Amazon」(FBA)利用時の出荷・在庫連携機能を追加した。本ツールは、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」「ポンパレモール」などのショッピングモールと、自…


カテゴリ  EC | 在庫管理システム




 アドウェイズは、ECサイト「Amazon.co.jp」の出品者向けデータ分析ツール「Nint for Seller」の提供を開始した。価格は月額5000円から。本ツールでは、売り上げデータや市場分析データを出品者に提供する。データを活用することで、売り上げの拡大が図れる。主な機能は5つ。まず「セラー分析」では、Amazonの受注…


カテゴリ  EC | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AMAZON システム開発 訪問」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ