「ALS 声録音」から探す!IT製品・セミナー情報

「ALS 声録音」 に近い情報
「ALS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ALS 声録音」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ALS」に関するIT製品情報

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP  2016/08/26


ギャラクシーソフトウェアサービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●Vitals ESP サーバライセンス 250万円〜●Vitals/KM サーバライセンス 250万円〜●Vitals ESP-JCI 700万円※いずれも税別

カテゴリ  ナレッジマネジメント | 社内SNS | 文書管理

製品概要  企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。

オススメユーザー  蓄積されたデータの活用を促進したい企業。知的財産の蓄積、コミュニケーション活性化、技術情報の共有などを行いたい企業。


Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio  2017/03/28


グレープシティ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ユーザライセンス イニシャル 〜15万円(税別)コアサーバーライセンス 6万5000円(税別)〜

カテゴリ  開発環境/BaaS | その他PCソフト関連 | 開発ツール | その他開発関連

製品概要  Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。

オススメユーザー  業務アプリケーション開発を容易にするツールをお探しの方。複数のコンポーネントを使用して早期の開発を実現したい方。


SEALS融資システム  2014/11/01


SCSK

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本価格(税別) 1500万円

カテゴリ  特定業種向けシステム | 会計システム | システムコンサルティング

製品概要  融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。貸金業社版、生命保険会社版を用意。

オススメユーザー  企業融資を扱い、融資業務をトータルにサポートするシステムを必要とする企業。ファイナンス会社、リース会社、保険会社など。


TotalSecurityFort  2012/11/15


日本ファインアート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●ログパック 10ライセンス 6万8000円(税別)〜●エントリーパック 10ライセンス 13万6000円(税別)〜

カテゴリ  MDM | その他スマートデバイス関連 | グループウェア | 暗号化 | 認証

製品概要  「ソフトウェア制御」、USBメモリやCD/DVDを始めとした「外部記憶デバイス制御」、赤外線通信やBluetoothなどの「外部デバイス制御」などが可能な情報漏洩防止システム。

オススメユーザー  ソフトウェアや外部デバイスなどのセキュリティ制御は強固にしながら、柔軟な承認申請による高い業務効率も両立したい企業。


ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


「ALS」に関するセミナー情報

【先進事例公開】企業価値向上に活かすSDGsの取り組みと情報発信 締切間近

メンバーズ


開催日

 6月27日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他WEB構築関連 |

概要  2015年9月、国連本部において、持続可能な社会を実現することを目指す、2030年までの目標SDGs(Sustainable Development Goals…

オススメユーザー  経営者CIO|その他|全社スタッフ


「ALS」に関する特集



 2016年1月14日、15日に開催された「SDN Japan 2016」のテーマの1つは、SDNやNFVといった技術を活用してどのように付加価値の高いサービスを実現していくかということだ。KDDIの兼井也寸志氏は、「SDN時代の実用ネットワーク・KDDI Wide Area Virtual Switch 2」と題したセッションの中で、そうしたサービスの一例として「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(WVS2)を紹介した。「セキュリティ機能を実装しており、クラウドやスマートデバイスの活用を促進できるサービスになっている」ことが特徴だという。


カテゴリ  SDN | シンクライアント




 前回までに、「ModSecurity」の基本的な機能である脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護する仕組みを説明し、加えてIPAの実績をもとにWAFが脆弱性を悪用する攻撃に対して有効であることを説明した。しかし、WAFには導入・運用の際に、気を付けなければならない課題がいくつか存在する。その中でも、今回は実際の導入事例から「偽陽性(false positive)の発生」について確認していく。 なお、偽陽性とは、本来「正常なHTTP通信」であるにもかかわらず、「不正なHTTP通信」と判定する判定エラーである。また、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意していただきたい。


カテゴリ  WAF |




 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global Security Report』によると、世界全体でのマルウェア攻撃による利益率は、1425%にも上るといわれています。 これはつまり、「マルウェア攻撃という市場は年間1000万円投資すれば、1.4億円ものバックがある『もうかるビジネス』である」 という見方をする攻撃者が増えてきていることを示しています。それに対応するように、2016年の米国におけるデータ侵害による被害額の平均は7.01万ドル(約7.9億円)に達するというレポート『2016 Ponemon Cost of Data Breach study』もあります。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ALS」に関するニュース



 綜合警備保障(ALSOK)は、システム管理者の負担軽減とセキュリティを両立するための、サポート付きクラウドサービス「ALSOK PCマネジメントサービス」の提供を開始した。本サービスは、クオリティソフトが提供するクラウド型クライアント管理セキュリティ基盤「ISM CloudOne」に、ALSOK独自の運用支援サービスを…


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、情報漏えい対策シリーズの新バージョン「InterSafe ILP Ver. 5.0」を発売した。ランサムウェアなどのサイバー攻撃や内部犯罪への対策を強化した。本シリーズは、重要情報の保護や、外部デバイスへの不正持ち出し防止、持ち出し後のファイルの安全な利用、送信デー…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他バックアップ関連




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、スマートデバイス向けWebフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」を発売した。価格は月額300円または年額3600円/1デバイスで、5デバイスから購入できる。本サービスは、148カテゴリーに分類したURLデータベースを用いて、正確かつ柔軟なWeb…


カテゴリ  フィルタリング | その他スマートデバイス関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ALS 声録音」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ