「AI ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「AI ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AI ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「AI ソフトウェア」に関するIT製品情報

標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」  2016/05/01


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 クライアントタイプ:50ユーザで19万円サーバタイプ:50ユーザで19万円※いずれも税別、保守料金別途

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。

オススメユーザー  標的型攻撃メール対策を検討している企業。


メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」  2016/11/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス価格 50ユーザ 24万5000円(税別)

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

オススメユーザー  ・メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業・社内のメールセキュリティポリシーを統一したい情報システム担当者


標的型攻撃対策ソフトウェア FFR yarai  2015/09/30


日立システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ユーザ:9000円(税別)

カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  標的型攻撃対策に特化し、未知のウイルス、脆弱性攻撃からクライアントPCを防御するセキュリティソフトウェア。評価版による30日間のフリートライアルが可能。

オススメユーザー  標的型攻撃等に対するセキュリティを向上させたい企業。


アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite  2016/03/01


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  電子メール | メールアーカイブ

製品概要  メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。

オススメユーザー  メール流通経路をシンプルにすることで障害時の原因追及などを容易にし、管理者の負荷を低減したいと考える企業など。


SilverBullet for File Messenger  2015/12/01


Skeed

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格※利用者数、利用帯域によって異なります。

カテゴリ  ファイル転送 | 電子メール | 暗号化 | 認証 | ネットワーク管理

製品概要  Webブラウザを利用し、直感的な操作で大容量ファイルを様々な相手に”簡単に””高速に””セキュアに””確実に”送信可能なファイル転送ソフトウェア。

オススメユーザー  拠点間や企業間、あるいは海外など遠隔地との大容量ファイルのやり取りをセキュアかつ高速に行いたい企業


「AI ソフトウェア」に関する特集



こんにちは、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンのマーケティング支援をしている吉…


カテゴリ  EAI |




改めまして、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で知られるマジックソフトウェア・ジャパンのマーケティング支援をしている吉…


カテゴリ  EAI |




 著者は、「おサイフケータイ」として知られる、モバイル FeliCa システム、特に携帯電話に組み込まれるモバイル FeliCa IC チップのソフトウェア開発に従事している。 モバイル FeliCa は、携帯電話を通してネットワーク上の世界と現実の世界とをつなぐ、マルチアプリケーションプラットフォームである。FeliCa のカードや携帯電話に組み込まれる IC チップは、悪意のある攻撃者による情報の読み出しや改ざん、通信路の盗聴を想定し、様々な攻撃への対策を施したセキュリティチップであり、電子マネーや公共交通機関の乗車券等に応用されている。 本稿では、著者の経験に基づき、製品やシステムの開発における、開発者にとってのセキュリティ規格と認証制度の意義と活用方法について解説する。今回は「第三者による評価結果に対する認証」について、次回は「第三者評価やセキュリティ規格要件とその評価手法」について考察していく。


カテゴリ  認証 |


「AI ソフトウェア」に関するニュース



 NTTソフトウェアは、メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail 7」に人間工学の考えを取り入れ、ヒューマンエラーによるメール誤送信の減少を支援する新バージョンを9月30日に発売する。CipherCraft/Mailは、利用者に宛先の再チェックを行わせてメール誤送信を防止するとともに、添付ファイルのパスワード…


カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連




 株式会社シーエーシー(CAC)は、顔画像分析などによる感情認識基盤の開発を行なう米Affectiva,Inc.のサービスとソフトウェアを発売する。Affectiva社の感情認識ソフトウェアは、偏りのない消費者の反応をキャプチャしてリアルタイムで計測し、瞬間的に生じる自然な感情を98%の精度で分類できるという。例えば、…


カテゴリ  その他データ分析関連 |




 株式会社イー・ポストは、メールサーバソフトウェア「E-Post Mail Server」の新版を発売した。「E-Post Mail Server」は、Windows上で動作し、容易に導入/操作できる。今回の新版では、ID/パスワードを何千/何万通りも試そうとする“総当たり攻撃”から防御するための“接続ロックアウト機能”が装備された。特…


カテゴリ  電子メール | IPS | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AI ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ