「AI ソフトウェア開発 自動化」から探す!IT製品・セミナー情報

「AI ソフトウェア開発 自動化」 に近い情報
「AI ソフトウェア開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AI ソフトウェア開発 自動化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「AI ソフトウェア開発」に関する特集



 著者は、「おサイフケータイ」として知られる、モバイル FeliCa システム、特に携帯電話に組み込まれるモバイル FeliCa IC チップのソフトウェア開発に従事している。 モバイル FeliCa は、携帯電話を通してネットワーク上の世界と現実の世界とをつなぐ、マルチアプリケーションプラットフォームである。FeliCa のカードや携帯電話に組み込まれる IC チップは、悪意のある攻撃者による情報の読み出しや改ざん、通信路の盗聴を想定し、様々な攻撃への対策を施したセキュリティチップであり、電子マネーや公共交通機関の乗車券等に応用されている。 本稿では、著者の経験に基づき、製品やシステムの開発における、開発者にとってのセキュリティ規格と認証制度の意義と活用方法について解説する。今回は「第三者による評価結果に対する認証」について、次回は「第三者評価やセキュリティ規格要件とその評価手法」について考察していく。


カテゴリ  認証 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AI ソフトウェア開発 自動化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ