「AI コールセンター」から探す!IT製品・セミナー情報

「AI コールセンター」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AI コールセンター」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「AI コールセンター」に関するIT製品情報

Oracle Service Cloud  2017/02/23


日本オラクル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 コールセンター機能 (電話、E-mail、チャット、コブラウズ、Web RTC) 1ユーザ 1万6800円FAQサイト機能 1セッション 7.86円※税別、月額

カテゴリ  CRM | CMS | EC | FAQシステム

製品概要  Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。

オススメユーザー  顧客サポートコストの削減を行いたい企業。様々なチャネルからの問い合わせを統合的に管理し、顧客満足度を向上させたい企業。


「AI コールセンター」に関する特集



膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」というコンセプトを掲げている。果たしてその真意とは?


カテゴリ  コールセンター/CTI | 垂直統合型システム | ビッグデータ




 心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAI。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。


カテゴリ  BI | 人事管理システム | コールセンター/CTI | プロジェクト管理 | 文書管理 | ビッグデータ | ソーシャルメディア分析 | データ分析ソリューション | その他データ分析関連




SOMPOホールディングスが、グループ独自にAI工場を設立。グループ各社のシステムには「エッジコンピューティング」の仕組みも取り入れる。内製型でAI人材や技術獲得を急ぐ理由はどこにあるか。


カテゴリ  コールセンター/CTI | CRM | ビッグデータ


「AI コールセンター」に関するニュース



 リンクは10月23日、クラウド型コールセンターシステム「BIZTEL」の新バージョン(2.7)の提供を開始した。今回の新バージョンでは、通話録音データを元に、音声認識やテキスト化、AI(人工知能)サービスとの連携を可能にする「ステレオ通話録音機能」と「ステレオ通話録音データ取得API」が装備された。これによ…


カテゴリ  コールセンター/CTI |




 東芝デジタルソリューションズは、顧客の自由発話の問い合わせにAIが自動で対応するコールセンター向けIVR(電話自動応答)「RECAIUS 通話エージェント」の提供を開始した。本サービスでは、同社の音声対話技術や自然言語処理技術により、問い合わせの音声を認識し、質問の意図を理解した上で、簡単な問い合わせは…


カテゴリ  コールセンター/CTI |




 リゲインは、Webサイトの売り上げを増加するために、人工知能(AI)で営業支援を行うチャットボットシステム「ShowTALK+ASSIST」の提供を8月22日に開始した。本システムでは、製品の購入やサービスの導入を検討しているWebサイト訪問者の質問にオペレータが回答する際、AIが適切な回答候補を提示する。AIには同社…


カテゴリ  EC | コールセンター/CTI | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AI コールセンター」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ