「AD認証 セキュリティ リスク」から探す!IT製品・セミナー情報

「AD認証 セキュリティ リスク」 に近い情報
「セキュリティ リスク」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「AD認証 セキュリティ リスク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザ本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。ID/パスワードを入力させる方式のほか、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「セキュリティ リスク」に関するIT製品情報

アプリケーションセキュリティ シフトレフト支援ソリューション  2017/11/15


アスタリスク・リサーチ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【シフトレフト・スターターパック】200万円(税別)【セキュリティテスト・マネージドサービス PoC】200万円(税別)

カテゴリ  セキュリティ診断 | テストツール

製品概要  システムの脆弱性を激減させるための開発段階でのセキュリティ対策を提供。トレーニング、コードチェックツール、脆弱性診断など高品質サービスを安価な年間定額で提供。

オススメユーザー  システム開発における効率の良いアプリケーションセキュリティ対策を、迅速に効果的に実現したい企業。


ネットワーク接続機器管理・遮断ソフトウェア 「RS-SHADAN」  2018/04/06


エス・シー・ラボ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理

製品概要  ネットワークに接続される機器情報(デバイス情報、デバイス管理情報、利用者情報)を自動収集し、リスクのあるPCを遮断するセキュリティ強化ソリューション。

オススメユーザー  未許可の持ち込み端末による社内ネットワークへの接続を遮断し、情報漏えいやウイルス感染拡大などのリスクを排除したい企業。


メール誤送信防止ソリューション「SHieldMailChecker」  2012/06/15


富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンスパック10:4万5000円年間保守:1万2000円*税別

カテゴリ  メールセキュリティ | UTM | 検疫 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  送信前にメールの内容と誤送信につながるリスクを確認させることで、メール誤送信を防止する製品。メール誤送信による情報漏洩や企業の信用失墜を防ぐ。

オススメユーザー  メール送信の「うっかりミス」による情報漏洩を防止したい企業。手軽に導入できるメールセキュリティ製品をお探しの企業。


RSA CyberCrime Intelligence Service  2013/03/27


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | メールセキュリティ

製品概要  RSAが収集した最新のマルウェア情報を日次・週次で企業に提供するサービス。セキュリティ機器との連携により、不正侵入や情報漏洩リスクに早急な対応を行うことができる。

オススメユーザー  社内PCのマルウェアへの感染や、情報漏洩を防止したい企業。マルウェアの脅威に対し、早急かつ適切な対策を行いたい企業。


リムーバブル ストレージ セキュリティ 「SecureCore RSS」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | 暗号化 | DLP | フォレンジック

製品概要  外部記憶メディアや各種デバイスの利用を制御・管理するセキュリティソフトウェア。利用禁止などの制約を設けることなく、情報漏洩のリスクを低減することが可能。

オススメユーザー  USBメモリや外付けハードディスクなど外部記憶メディアの利用による情報漏洩の危険を未然に防ぎたい企業。


「セキュリティ リスク」に関するセミナー情報

ISO/IEC 27005情報セキュリティリスクマネジメントコース

BSIグループジャパン


開催日

 4月25日(水),6月15日(金),8月1日(水)

開催地 東京都   参加費 4万932円(税込)


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連

概要  本コースは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)において最も重要といわれているリスクアセスメント手法を理解し、分析したリスクをどう管理していくかを学…

オススメユーザー  経営者CIO|その他|全社スタッフ


脆弱性リスク管理セミナー

リックソフト


開催日

 6月7日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  プロジェクト管理 | アンチウイルス

概要  〜セキュリティの課題-脆弱性の可視化と運用〜セキュリティ対策は、従来の防御型からマルウェアやサイバー攻撃の透過を前提としたリスクベースに移行しつつあります。マル…

オススメユーザー  システムの設計・運用|製造・生産管理|情報システム部の統括


クラウドとオンプレミスの情報資産をセキュリティリスクから守る

ソフトバンク・テクノロジー/Imperva Japan/マカフィー


開催日

 6月20日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  検疫 | その他ネットワークセキュリティ関連

概要  情報資産のセキュリティ対策においてリスクアセスメントはとても重要です。しかし、情報資産のアセスメントを行ったとしても、社員は不正に情報の取得・利用をしていないと…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


経営リスク軽減の為の情報セキュリティガバナンスコース

BSIグループジャパン


開催日

 3月14日(水),6月15日(金)

開催地 東京都   参加費 4万932円(税込)


カテゴリ  その他運用管理関連 | その他情報システム関連 | その他ネットワークセキュリティ関連

概要  JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セ…

オススメユーザー  経営者CIO|情報システム部の統括


ビジネスに最も深刻な影響を与える脆弱性とその防御2018大阪

アスタリスク・リサーチJBサービス/バラクーダネットワークスジャパン


開催日

 6月20日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  WAF | セキュリティ診断

概要  企業ウェブサイト・ウェブアプリケーションサービスへのサイバーセキュリティ攻撃対策をテーマに、最新版 OWASP Top 10 が示す深刻な脆弱性と有効なセキュリ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「セキュリティ リスク」に関する特集



 今回は、情報セキュリティ対策ベンチマークの情報セキュリティリスク指標(バージョン3.4)について解説する。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連




エンドユーザのセキュリティ意識が情報システムにどんな影響を及ぼすのか。意識の低さが原因で生じるリスクについて解説します。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 前回は、情報漏洩事件の増加と個人情報保護法の施行、それに伴い活発化した企業における情報セキュリティ対策の動きについて触れた。今回は情報セキュリティにおけるリスク対策の評価について触れてみたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他ネットワークセキュリティ関連


「セキュリティ リスク」に関するニュース



 フューチャーは1月、標的型サイバー攻撃リスクの低減と運用負荷の軽減を支援する、クラウド型のセキュリティサービス「FutureVuls」の提供を開始した。本サービスの主な特長は4つ。まず、日々発見される脆弱(ぜいじゃく)性情報を全自動でリアルタイムに収集、検知できるため、これらを手動で管理する負荷を低減…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 アウトソーシングテクノロジー(OSTech)は、脅威インテリジェンスサービス「Digital Shadows SearchLight」を発売した。情報漏えいやブランド毀損など、社外のデジタルリスクを調査し、早期に対策を行う。Digital Shadowsが提供する本サービスでは、インターネットだけでなく、一般的な環境からはアクセスできな…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他ネットワークセキュリティ関連




 安川情報システムは1月16日、工場向けの不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」を発売した。本サービスでは、工場内にエッジPC「SecurityEdge」を設置。平常時には、工場内の制御情報ネットワークを常時監視する他、クラウドでログを分析し、サイバーリスク状況をレポートする。この監視に用いる技術とし…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「AD認証 セキュリティ リスク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ