「ACTIVE! DRIVE ダウンロード先」から探す!IT製品・セミナー情報

「ACTIVE! DRIVE ダウンロード先」 に近い情報
「ACTIVE!」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ACTIVE! DRIVE ダウンロード先」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「ACTIVE!」に関するIT製品情報

ManageEngine ADManager Plus  2014/10/15


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 33万5000円から(管理者1名の場合、初年度保守サポート込み、消費税別)

カテゴリ  ID管理 | 認証

製品概要  Active Directory ID管理ソフト。CSVによる一括設定、スケジュール設定による作業自動化で、人事異動や組織改編時のシステム部門の工数削減に寄与。

オススメユーザー  Active Directory管理を効率化したい情報システム、人事、総務の担当者


ID統合管理ソフトウェア ADMS  2014/02/01


ジインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス100ユーザ:8万円より※税別

カテゴリ  ID管理 | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  Active Directoryやグループウェアなどのアカウント管理を容易にし、管理コストやオペレーションミスを低減できるID管理ソフトウェア。

オススメユーザー  複数システムのアカウントをまとめて管理したい、管理ミスを低減したい、人事異動日直前の設定変更の手間を減らしたい企業。


メールアーカイブソリューション「Active! vault」  2015/10/15


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンダードライセンス 50ユーザ:27万3000円(税別)〜セットライセンス(*1) 50ユーザ:20万5000円(税別)〜

カテゴリ  メールアーカイブ | 認証 | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  社内外を問わず受信した電子メールを確実にアーカイブし、必要な時に検索・配送が可能なメールアーカイブ。アクセスコントロール/ログ機能などセキュリティ対策も万全。

オススメユーザー  必要十分な機能を備えながらも運用しやすく、シンプルで低コストなメールアーカイブをお探しの企業、部署。


社内ファイルサーバサービス  2015/03/31


JECC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■社内ファイルサーバサービス 1TBモデル・初期費用 5万円・月額費用 5万5000円(税別価格)

カテゴリ  ファイルサーバ |

製品概要  ・L2-VPN付きのクラウド型大容量Windowsファイルサーバ・ドメイン参加、Active Directory連携を簡単に実現・500GB〜10TBの大容量ディスク

オススメユーザー  ファイルサーバのクラウド化を検討している企業


DigitalPersona Pro  2013/03/29


ヒューマンテクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  認証 | その他スマートデバイス関連 | ID管理 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  FeliCaなどのICカード認証、指紋認証、Bluetooth認証など様々なデバイスで個人認証を行える。Active Directoryと完全統合し、認証ポリシーを強力に中央管理することが可能。

オススメユーザー  パスワード認証に課題を抱える企業。既存の生体認証の認証率に不満を持つ企業。ICカードを活用しセキュリティを向上したい企業。


「ACTIVE!」に関するセミナー情報

今さら聞けない! Active Directory入門 締切間近

トレノケート


開催日

 3月1日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他運用管理関連 |

概要  Active Directory(Active Directory Domain Services)は、ネットワーク上の情報を一元管理するためのシステムです。「…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


ProActive E2 製品概要紹介セミナー

SCSK


開催日

 3月16日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ERP | ワークフロー | 会計システム

概要  ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ|経営者CIO


超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー

SCSK


開催日

 3月16日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ERP | ワークフロー | 会計システム

概要  ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ|経営者CIO


ActiveImage Protector Virtual Edition実践セミナー

ネットジャパン


開催日

 3月14日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  バックアップツール | Windows | Linux

概要  ActiveImage Protector 2018 Virtual Editionの実機を使った体験セミナーです。ActiveImage Protector …

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 締切間近

ネットジャパン


開催日

 2月28日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  バックアップツール | Windows | サーバー管理

概要  ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「ACTIVE!」に関する特集



Active Directoryは企業のユーザ管理、アクセス制御を担う仕組みとして浸透している。更に、導入が進むクラウドサービスへの対応など、適用範囲は広がってきた。今後も続けて活用していく上で知っておくべき点とは?


カテゴリ  Windows |




Windows環境の認証基盤として圧倒的なシェアを持つActive Directoryは、Macが混在する環境で上手く運用できるのでしょうか?また、ユーザがつまづくポイントとは?運用で注意すべきポイントを聞きます。


カテゴリ  ノートパソコン | IT資産管理 | その他運用管理関連




 今回は前回までとは趣を変え、Webサーバ管理者ではなく、開発者が注意すべき事柄について説明していきます。 すなわち前回まではサーバー証明書の問題を扱いましたが、今回はコードサイニング証明書の問題を扱います。インターネットでActiveXを配布するためのcabファイルへの署名に関する注意点に触れます。


カテゴリ  認証 | 暗号化


「ACTIVE!」に関するニュース



 エクセルソフトは1月15日、Webブラウザやモバイル端末からアクセスできるサーバサイドのPDFビュワー/エディタ「ActivePDF Reader Plus」を発売した。ActivePDF製の本ツールでは、端末側に新たなソフトウェアのインストールが不要で、既存のWebアプリケーションにPDFの表示や編集、フォーム入力などの機能を追加で…


カテゴリ  PDFソフト | その他開発関連




 ネットスプリングは、認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」を「Microsoft Azure」に最適化した新製品「AXIOLE for Azure」の出荷を10月17日に開始する(オープン価格)。AXIOLEは、認証プロトコル「LDAP」「RADIUS」に対応し、認証機能に特化した製品。Active Directoryや他のLDAPサーバとの連携機能を標準装備する…


カテゴリ  認証 | その他仮想化関連




 クオリティアは、標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」に、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が提供する「安心マーク」を装備した。正当な送信元からのメールにマークを表示することで、偽装メールを一目で区別できる。本ソリューションでは、標的型メール攻撃対策として主に6つの機能「マクロ…


カテゴリ  メールセキュリティ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ACTIVE! DRIVE ダウンロード先」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ