「ACTIVE IMAGE PROTECTOR 2016 マニュアル」から探す!IT製品・セミナー情報

「ACTIVE IMAGE PROTECTOR 2016 マニュアル」 に近い情報
「ACTIVE IMAGE PROTECTOR」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ACTIVE IMAGE PROTECTOR 2016 マニュアル」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「ACTIVE IMAGE PROTECTOR」に関するIT製品情報

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE  2018/07/07


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 クライアント版:8400円〜サーバ版:13万1900円〜※いずれも税別

カテゴリ  バックアップツール | Windows | サーバー仮想化 | PCサーバ

製品概要  稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

オススメユーザー  ・操作が簡単なバックアップ/リカバリーツールを探している企業・BCP/DR対策を高速かつ低コストで実現したい企業


仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector  2018/08/15


ネットジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Virtual Edition:19万8000円(税別、1ライセンス)※1年間のサポートサービス費含む

カテゴリ  バックアップツール | サーバー仮想化 | サーバー管理

製品概要  稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

オススメユーザー  サーバのバックアップに要する容量を削減しながら、簡単、安全、安価にバックアップ/リカバリーできるツールを探している企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ACTIVE IMAGE PROTECTOR 2016 マニュアル」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ