「ACOSサーバー」から探す!IT製品・セミナー情報

「ACOSサーバー」 に近い情報
「ACOS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ACOSサーバー」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説サーバーとは?

ここで取り上げている「サーバー」は、コンピュータネットワーク上でほかのコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバーの種類には「PCサーバー」「UNIXサーバー」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバーは「Webアプリケーションサーバー」「データベースサーバー」「ファイルサーバー」などといったものがある。サーバーに搭載されるOSは「サーバーOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバー運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「ACOS」に関するIT製品情報

NetVault Backup  2013/09/01


デル・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ■最小構成14万4000円〜  (税別、初年度保守料込み)

カテゴリ  バックアップツール |

製品概要  Linux、UNIX、Windows、Mac OS XなどのOS混在環境でバックアップ/リストアをまとめて行えるソフトウェア。インストールが容易で、拡張性/操作性が高く、価格もリーズナブル。

オススメユーザー  サーバのバックアップ/リストアを効率的に運用/管理したい企業。Oracleなどの各種データベース、クラスタ、VMware環境にも最適。


「ACOS」に関する特集



 「Mac OSはウイルスには無縁だ」。過去にはそんなことも言われたことがあることを記憶している。確かに現在発見されているマルウェアは、数の上では90%台後半がWindowsに影響するもので、残りわずかな数をモバイル系OSやUNIX/Linux系OSが分け合っているような状況なので、そういった考えが生まれてくるのも無理はないような気がする。だが、Mac OSに影響するマルウェアがゼロでないことも事実だ。本稿では、最近確認されたFlashfake(Flashbackとも呼ばれるが本稿ではFlashfakeとする)などを取り上げ、Mac OSにおけるマルウェアの脅威を解説していく。


カテゴリ  アンチウイルス |




 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの概要に触れた。第2回の本稿ではFlashfakeの“感染被害”について解説する。


カテゴリ  アンチウイルス |




 前回は、Mac OS XのマルウェアであるFlashfakeの感染被害について触れた。第3回の本稿ではFlashfakeの“感染プロセス”を解説する。


カテゴリ  アンチウイルス |


「ACOS」に関するニュース



 エクセルソフトは、PKWAREのMac OS X向けファイル圧縮・暗号化ソフトウェア「SecureZIP for Mac」を発売した。価格は9750円/1ライセンス(税別)。本ソフトウェアは、ファイルサイズを最大95%縮小できるデータ圧縮機能とファイル管理機能を提供する。ファイルの受信相手に応じて、パスワードベース(パスフレーズ…


カテゴリ  暗号化 | その他PCソフト関連




 パロアルトネットワークスは、エンドポイントセキュリティ「Traps」の新版の提供を開始した。Trapsは、業界基準である「HIPAA」や「PCI DSS」に準拠し、さまざまな防御技術により、既知・未知のマルウェアやエクスプロイトによる攻撃を未然にブロックする。今回の新版では、macOSに対応した他、Androidにもβ版で…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ACOSサーバー」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ