「ACCサーバ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ACCサーバ」 に近い情報
「ACC」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ACCサーバ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ACC」に関するIT製品情報

intra-mart Accel Collaboration  2017/11/01


NTTデータ イントラマート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 20万円〜(税別)※ユーザ数課金

カテゴリ  グループウェア | プロジェクト管理 | ナレッジマネジメント

製品概要  システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

オススメユーザー  全社、全グループ等、大規模でも導入できるグループウェアをお探しの方。企業をまたいだ情報共有を効率的・安全に行いたい企業。


intra-mart 文書管理ソリューション  2017/11/01


エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 intra-mart Accel Documents 〜50ユーザ 80万円よりintra-mart Accel Archiver 〜50ユーザ 60万円より※税別

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。電子帳簿保存法にも対応している。

オススメユーザー  業務で発生した文書の保管・再利用にお困りの企業。文書の作成プロセスに課題をお持ちの企業。


企業向けオンラインストレージ「GigaCC」  2017/10/15


日本ワムネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 GigaCC ASP(クラウド版)の場合初期費用:5万円月額費用:1万2000円〜※税別※アカウント数:10ID〜※ディスク容量:1GB〜

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | ファイル転送

製品概要  大容量ファイルの送受信、ファイル共有など、企業に必要とされる機能を、高いセキュリティのもと、包括的に提供する純国産オンラインストレージ。

オススメユーザー  セキュリティを確保しつつ、利用者の利便性を向上できるオンラインストレージを探している企業。


Entrust(R) GetAccess (エントラスト ゲットアクセス)  2016/09/01


エントラストジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  シングルサインオン | UTM | 認証 | ID管理 | ネットワーク管理

製品概要  Webシステムの認証/アクセスコントロールの一元化を実現し、パスワード管理/アクセス権設定の負荷を軽減。拡張性が高く、導入も容易。世界中で多数の大規模導入実績あり。

オススメユーザー  シングルサインオンソリューションの導入を検討している企業。パスワード管理を一本化し、管理負荷を軽減したい企業。


Accela BizSearch R4 ドリルダウンポータル フォルダ活用パック  2015/04/15


アクセラテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 300万円(税別)〜

カテゴリ  データ検索ソフト | ファイル共有 | ファイル転送 | 文書管理 | その他情報共有システム関連

製品概要  クリックのみのキーワードレスで誰もが欲しい情報へ容易に到達できるエンタープライズサーチ。企業内に蓄積されたノウハウや知識となる有益な情報の活用を促進。

オススメユーザー  ファイルサーバにある社内文書の検索をよりスピーディに行い、ノウハウの共有・活用を促進し、生産性を向上したい企業。


「ACC」に関するセミナー情報

ExcelやAccessを本格DBにUPするdbSheetClientプレゼンセミナー

ニューコム


開催日

 11月22日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データベースソフト | オフィスソフト | その他WEB構築関連

概要   多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

オススメユーザー  経営者CIO|情報システム部の統括|製造・生産管理


「ACC」に関する特集



Windows Server 2012に搭載されているNAP(NetworkAccess Protection)を用いれば、コストをかけずに検疫を実現し、クライアント管理におけるユーザの利便性と管理の効率性を両立可能だ。NAP実装の際の注意点とは?


カテゴリ  Windows | 検疫




 日本オラクルは、クラウド普及に伴って重要性が高まるアイデンティティー(ID)管理を、オラクルのクラウド基盤上で実現する「Oracle Identity Cloud Service」と、CASB(Cloud Access Security Broker)の機能を提供する「Oracle CASB Cloud Service」を発表した。


カテゴリ  ID管理 | シングルサインオン




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「ACC」に関するニュース



 ACCESSの台湾子会社は、台湾向けリピート通販支援サービス「CROS」を拡充した。台湾の統一発票(領収書)の一種である「電子発票」にまつわる一連の業務を一元的に行えるようにした。本サービスは、受注、決済、広告効果分析機能を統合した基幹システムから、現地インフラとの連携までを一元的に提供する。基幹シス…


カテゴリ  EC |




 キヤノンITソリューションズは、輸出入許可通知管理システムの新バージョン(Ver.1.02-02)を7月下旬に発売する。価格は300万円〜(税別)。本システムは、NACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)から提供される輸出入許可等通知情報を取り込み、データと帳票を蓄積管理することができる。輸出入許可等通知情報…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 |




 ACCESSとジャパンギャランティサービス(JGS)は協業し、建設業界向けサイネージソリューション「建設SIGNESS(ケンセツサイネス)」のレンタル提供を11月15日に開始した。本ソリューションを利用することで、朝礼時に使用する現場配置図やスケジュールなどの資料の制作に掛かる時間を短縮でき、複数のディスプレ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | デジタルサイネージ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ACCサーバ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ