「A.I. 評価」から探す!IT製品・セミナー情報

「A.I. 評価」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「A.I. 評価」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「A.I. 評価」に関するIT製品情報

標的型攻撃対策ソフトウェア FFR yarai  2015/09/30


日立システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ユーザ:9000円(税別)

カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  標的型攻撃対策に特化し、未知のウイルス、脆弱性攻撃からクライアントPCを防御するセキュリティソフトウェア。評価版による30日間のフリートライアルが可能。

オススメユーザー  標的型攻撃等に対するセキュリティを向上させたい企業。


業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」  2017/09/25


セゾン情報システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本パッケージ:150万円(税別)から

カテゴリ  BPM | EAI

製品概要  業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。

オススメユーザー  捺印業務を電子化し ペーパーレスを実現したい企業。ワークフローと基幹システムを自動連携させたい企業。


「A.I. 評価」に関する特集



 著者は、「おサイフケータイ」として知られる、モバイル FeliCa システム、特に携帯電話に組み込まれるモバイル FeliCa IC チップのソフトウェア開発に従事している。 モバイル FeliCa は、携帯電話を通してネットワーク上の世界と現実の世界とをつなぐ、マルチアプリケーションプラットフォームである。FeliCa のカードや携帯電話に組み込まれる IC チップは、悪意のある攻撃者による情報の読み出しや改ざん、通信路の盗聴を想定し、様々な攻撃への対策を施したセキュリティチップであり、電子マネーや公共交通機関の乗車券等に応用されている。 本稿では、著者の経験に基づき、製品やシステムの開発における、開発者にとってのセキュリティ規格と認証制度の意義と活用方法について解説する。今回は「第三者による評価結果に対する認証」について、次回は「第三者評価やセキュリティ規格要件とその評価手法」について考察していく。


カテゴリ  認証 |




 トレンドマイクロが実施した2009年上半期の調査によれば、なんらかのウイルス対策を実施している企業のデスクトップ環境であっても、 1000クライアント規模であれば、1日あたり平均7.6件の不正プログラム検出・感染が確認されている。また、パターンファイルでは検知されない、未知の不正プログラムによると思われる活動が、既知の不正プログラムの活動の約6.17倍確認されている。検出・感染だけでも1日に7.6件という数字は驚きであるが、その6.17倍の未知の不正プログラムによる活動があるということは、イントラネット内の脅威全体像の把握が難しいことを示していると同時に、パターンファイルによって検知できる脅威はほんの氷山の一角でしかないということを顕著に表している。では、パターンファイルだけに依存しないセキュリティとは何なのか。また、その効果について今回は説明する。 レピュテーション(Reputation)という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、評判、世評、名声などを意味する英単語である。コンピュータセキュリティ分野におけるレピュテーション技術とは、インターネットで交換される情報の安全性を評価する技術であり、成り立ちや振る舞いなどから脅威を多角的に評価し、危険度の高いものをブロックする技術を言う。簡単に言うと、良いか悪いか、危険か安全か、信用できるかできないか、という情報を分析してデータベース化したものである。クレジットカードの作成や家を購入する際などに、信用調査を経験したことがある方もいると思うが、レピュテーション技術はこの信用調査のイメージに近い。 これらレピュテーションデータベースは一般的に、危険なWebページへの接続や情報送信などを拒否するWebレピュテーション(図1)、メール送信元のIPの評価情報を使って、危険なメールの受信を拒否するE-mailレピュテーション(図2)、危険なファイルが使用されることを防止するファイルレピュテーション(図3)などがある。


カテゴリ  アンチウイルス |




 はじめまして。あしたのチーム CTO(最高技術責任者)の林田幸一と申します。 あしたのチームは中小ベンチャー企業向けに人事評価制度を提供する企業です。経営にも大きくかかわる「人事評価制度」を、構築だけでなく運用も丸ごと、ワンストップでサービス提供しています。 このサービスの中でポイントとなるのが、人事評価制度を「クラウドで運用する」というところ。そのクラウドを作っているのが、私が統括しているクラウド事業部です。 筆者は2017年より、あしたのチームCTOとして「コンピテンシークラウド」を中心としたクラウドサービスの事業の推進・構築を行うべく、クラウド事業部を立ち上げました。 現在は、エンジニア、デザイナー、マーケターを含む「クリエイティブ事業本部」として組織を率いて、急速に進化しているあしたのチームの全体的なサービスのIT化を進めているところです。  筆者自身は、大学卒業後にシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして経験を積んだのち、医療系ベンチャー企業の創業メンバー(取締役CTO)として、患者向けソーシャルネットワークや、製薬・調剤薬局向けグループウェアなどを企画、開発していました。資金集めから事業開発、システム構築までを担う経験をしています。この後、プログラミング言語「Ruby」を使ったWeb開発の専門会社を立ち上げ、同社を6期目に上場企業へ売却、その後、あしたのチームにCTOとして参画しました。  この経験を通じて感じているのは、この数年で企業のITシステムそのものが大きく変わってきたことです。従来は実験的に扱われてきたような開発手法やプロジェクト管理手法が、事業推進のドライバーとして注目され、積極的に取り入れて成果に結び付けようと考える企業が増えています。 例えば、ここ5年でWebをベースとしたシステム開発が増え、その開発を支えるための開発環境も変化してきました。キーワードを挙げるだけでも、例えば、「JavaScript」のような動的プログラミング言語や「Ruby on Rails」のようなWebアプリケーション開発フレームワーク、設計開発ではドメイン駆動やアジャイル開発の手法、あるいはテストファーストなどの手法が、大手企業の中にも浸透しています。  これに伴い、組織作りやプロジェクトマネジメントなど、マネジメント方法にも変化が見られます。私たちあしたのチームも、たった2人のチームから現在の規模に…


カテゴリ  その他情報システム関連 | その他情報共有システム関連 | その他WEB構築関連


「A.I. 評価」に関するニュース



 大日本印刷(DNP)は4月、AI(人工知能)を活用して店舗の売場を評価するサービスを開始する。本サービスでは、商品の陳列方法やPOPといった演出などを客観的に評価できるよう、売場調査員のノウハウや観察データをAIに学習させている。売場の画像データを読み込ませるとAIがリアルタイムで評価を行い、その結果を…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連




 リーディングマークは、社内での評価が高い“エース社員”に近いパーソナリティー(性格や価値観、志向性など)を持つ学生を企業に自動で紹介するサービス「AImeets byレクミー」の先行登録を開始した。提供開始は3月中旬の予定だ。本サービスでは、臨床心理学と行動心理学に基づき、エース社員と学生一人一人のパ…


カテゴリ  人事管理システム | その他データ分析関連




 アグリーメントは3月23日、Excelファイルの運用自動化と各種システムデータの統合管理のツール「Attack Board」で、AI(人工知能)を活用して売り上げを予測するサービスの提供を開始する。本サービスでは、売り上げ阻害リスクに関連しうるさまざまな定性的なリスクをスコア化(可視化)し、無形資産の評価やプラス…


カテゴリ  会計システム | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「A.I. 評価」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ