「45歳 転職 エンジニア」から探す!IT製品・セミナー情報

「45歳 転職 エンジニア」 に近い情報
「転職 エンジニア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「45歳 転職 エンジニア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「転職 エンジニア」に関する特集



 エンジニア、あるいはIT部門担当者として活躍している皆様ならご存じの通り、今のIT業界では空前の人手不足が起きています。そのため、大幅な待遇アップを勝ち取ったり、目指す仕事にキャリアアップできたりするチャンスが皆様の想像以上にたくさん転がっているのです。この状況を是非知っていただきたくて寄稿しました。 今、エンジニアはどう動くべきか?転職志望者のパートナーとして様々な角度からサポートを行う「キャリアアドバイザー」の立場から、アドバイスをさせていただきます。


カテゴリ   |




 前回の概況編では、エンジニアにとって、今は絶好の転職チャンスであることを解説しました。また転職市場の情報を知ることで、将来のキャリアを描く際の参考にできることもお伝えしたつもりです。  転職市場を知るためには、いろいろな方法があります。転職サイトで情報を集めるのは、最も身近な手段でしょう。ただ、やや手前味噌にはなりますが(笑)、私はキャリアアドバイザーという立場から、やはり転職エージェントサービスをおすすめしたいと思います。 転職エージェントの長所としてまず挙げておきたいのは、豊富な求人情報を抱えている点です。登録すれば、求人媒体などには出ていない「非公開求人」も含め、たくさんの情報を得ることができるでしょう。それらを見れば、職種ごとの「相場観」もつかめますし、どんな業界・職種のニーズが伸びているのかという全体感を把握することが可能です。 これらは、エンジニアとしてどうやってキャリアを積み重ねていくか考える際に、指針となってくれるでしょう。自分にはどのような選択肢があるのか、大枠のキャリアの方向性・選択肢を掴めるのは非常に有益であると思います。意外と自分自身で情報収集をしていると全体感は掴めないもの。また自分自身の選択肢もわからないもの。是非プロに聞いていただければと思っています。


カテゴリ   |




 今回がシリーズ最終回です。ちゃんとオチがつくといいですね。書きながらドキドキしています。  さて前回の記事では、エンジニア向け求人で陥りがちなアンチパターンとして「大学の入試要項系」「 意識の高い学生サークル系」「キミでもなれる!SE系」の3つのタイプを挙げました。 これらに共通するダメな点は、それを読んで応募するかもしれない相手の立場に立った視点がなく“1人よがり”だったり相手の人格を尊重していなかったりするところ。 例えば、転職はよく恋愛や結婚に例えられますが、「大学の入試要項系」などはさながら「年収800万円以上、身長175cm以上、首都圏在住転勤なし、親と同居不可、専業主婦希望、etc…」と条件を一方的に並べ立てる婚活女性のようなもの。さほど相手に困っていない男性が、そういう女性にコンタクトを取ろうと思うでしょうか。結果、応募があっても条件だけは何とか満たしつつ後は地雷だらけの人ばかりが来ることになってしまいます。 前回の主張を繰り返し述べますが、大事なのは「ターゲットとしているエンジニアの目線に立って、彼らが欲している情報を的確に伝えること」です。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「45歳 転職 エンジニア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ