「365日翻訳 サイト分析」から探す!IT製品・セミナー情報

「365日翻訳 サイト分析」 に近い情報
「365日」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「365日翻訳 サイト分析」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「365日」に関するIT製品情報

ストレージリモート運用サービス for NetApp  2012/12/05


伊藤忠テクノソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■ストレージ監視初期設定費3万円、月額監視費4万円■性能診断レポ−ト月額3万円、スポット費3万円※1コントロ−ラ単価/税別

カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |

製品概要  NetApp製ストレージ向け遠隔運用サービス。保守サービスに24時間365日のストレージ監視と性能診断のサービスを組み合わせ、正常な稼働と障害予防を実施。

オススメユーザー  大容量化・集約化が進むストレージの運用/管理(性能診断や障害復旧時間の短縮)を、低コストかつ確実に行いたい企業。


さくらインターネット クラウド/データセンターサービス  2017/03/15


さくらインターネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 月額 8800円(税別)〜

カテゴリ  ホスティング | ファイアウォール | ADC/ロードバランサ | データセンター運用 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  24時間365日エンジニアが常駐する自社データセンターでのサーバ運用と国内最大級の高速・大容量バックボーンにより提供される高い回線品質の専用レンタルサーバサービス

オススメユーザー  コンテンツプロバイダ、マルチテナント型のASPサイト、プロモーション用サイト構築担当者。Webサービスの開発環境にお困りの方


タワー型サーバ 『Dell PowerEdge Towerシリーズ』  2013/12/05


デル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ファイルサーバ | PCサーバ | サーバー管理 | 統合運用管理 | システムコンサルティング

製品概要  オフィス設置型のファイルサーバ。ユーザライセンス付OSが搭載されており、すぐに利用可。初期設定、ネットワーク接続などの設置サービスや24時間365日のプロサポート有。

オススメユーザー  初めてファイルサーバを導入する中堅・中小企業や支社・支店に設置しているサーバの処理能力を高めたい企業など。


受発注業務効率化ソリューション(WEB-EDI) 「LINK-EDI」  2016/02/22


東計電算

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●基本料 5万円(月間5万行までのデータ処理料含む)●処理料 0.5円/1行(月間5万行を超えた場合、1行ごとに課金)※税別

カテゴリ  EDI |

製品概要  24時間365日安心・安全な運用サービスを提供する東計電算データセンター上で利用可能なWEB-EDIクラウドサービス。

オススメユーザー  得意先や仕入先と連携可能なEDIを実現し、事務作業の軽減や受注ミスの防止、更には業務のスピードアップを図りたい企業。


NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス)  2017/07/14


富士通クラウドテクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:無料従量:4円/時〜月額:2210円〜ネットワーク転送:無料(〜10TB)新規申込時の値引特典あり※税抜

カテゴリ  IaaS/PaaS | データセンター運用 | サーバー管理

製品概要  国内最大級!5,000件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性◆24h/365日対応の電話サポート◆使いやすいコントロールパネル

オススメユーザー  物理サーバーからクラウドへ段階的な移行を検討したい企業サーバーの導入/運用コストや運用負荷を削減したい企業


「365日」に関する特集



物理、仮想、クラウド環境向け専用のストレージソリューションを提供するクアンタム社の調査(http://biztech2.in.com/news/business-continuity-disaster-recovery/90-cos-feel-their-data-is-unsafe-from-a-disaster/140302/0)では、90パーセントの企業が「障害発生時に自社のデータをきちんと守り切れない」と回答しています。障害発生時には、まず、ダウンタイムを最小化させることが一番重要となります。しかし、最小化させるソリューションとして、「ディザスタリカバリ向けのソリューションは高額かつ複雑」というイメージが支配的で、当該ソリューション導入の障壁になっています。結果、それらのソリューションは、ディザスタリカバリソリューションに予算が割ける、大企業のみが導入されているのが現状です。一般的にも、そのようなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか? しかし、インターネットにいつでも、どこでもつながり、そしてモバイルデバイスで24時間365日データにアクセスし、ビジネスも眠らない、常にデータのやりとりが発生している昨今、「もしも」の時に準備をするのは大企業だけでいいのでしょうか?


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス




 IaaSは日本企業に今やすっかり受け入れられたように見えますが、クラウド導入に対する不安はなかなか無くならないようです。多くの調査でクラウドへの不安の有無を尋ねるとほとんどは「ある」と回答され、その不安要素の筆頭は「セキュリティ」です。 ところが、「セキュリティのどの部分に問題があるのか」という問いに関する回答は、漠然としています。可用性・稼働率のように具体性のある数字で表される事項への不安よりも、数値化できない「いつか何か悪いことが起きるのでは」という漠然とした不安感の方が勝っているのがどうやら現実のようです。 私は「cloudpack」というAWS(Amazon Web Services)を利用するお客様向けに、24時間365日のフルマネージドサービスを提供している会社に所属しています。当社のお客様の中にも、クラウドのセキュリティを自社のステークホルダーに納得してもらうことに苦労されている方が多く、安全性をどう評価すれば良いのか、導入以前の検討段階で悩まれる企業も多いようです。 cloudpackは、自社のインフラのほとんどをAWSで実装しており、そのセキュリティがどのような手段もしくは方法で保たれているのかを、「cloudpack Security White Paper」というドキュメントを通じて公開しています。このドキュメントは、主にお客様にcloudpackを安心してご利用いただくために情報をオープンにしているわけですが、自社のインフラにクラウドを利用したいと関心を持ちながらも、漠然とした不安をお持ちの方にも役立つだろうと考えています。 今回は、当社のホワイトペーパーをなぞらえながら、ぜひチェックしていただきたい主要ポイントを、全4回で解説したいと思います。自社のインフラに、クラウドを活用したいと考えている方々にご参考になれば幸いです。


カテゴリ  認証 |


「365日」に関するニュース



 マジック・プロジェクトは、クラウド文書管理システム「販促倉庫」のサービスを6月19日に開始した。本システムは、24時間365日監視のフルマネジメントサービスなので、サーバ管理を行う技術者が不要で、低コストで迅速に導入できる。現在に加え過去のデータも資産として活用できる。「Word」「Excel」「PowerPoint…


カテゴリ  文書管理 | 運用系業務アウトソーシング




 スターコミュニケーションズは、上りLTE回線に特化したSIMサービス「Starcom mobile」に、実質使い放題の新プラン「Uコース」を追加した。価格は月額4800円(税別)。本コースは、docomoの「Xi」相当の回線を利用できる。上り回線速度の制限は最大2Mbps、通信容量制限は月700GBだ。このため、24時間365日通信して…


カテゴリ  モバイル通信サービス |




 NTT西日本は、さまざまな規模や業種の企業ニーズに対応するセキュリティサービスの提供を9月1日から順次開始する。ICT環境の高度なセキュリティ対策から運用までを一元的に支援する。今回の新サービスは2つ。1つ目の「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、セキュリティ多層防御や24時間365日の運用監視といっ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「365日翻訳 サイト分析」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ