「2018 bcas 新kw」に近い情報
「2018」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「2018」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「2018」に関する記事情報

ERPの導入状況(2018年)/後編

ERPの導入状況を定点観測。今回のアンケートでは、企業情報システムが直面する深刻な問題がいよいよ表面化しつつある兆候が見えてきた。皆が恐れていた事態が現実になりつつあるようだ。

「タブレット」シェア(2018年第3四半期)

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比15.6%減の179万台だった。成長が鈍化した理由は何か。市場をけん引するビジネスモデルは?

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第3四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。シェアトップ5ベンダーのうち、1位と2位以降で大きな差が開いた。この差は何によるものか。

勤怠管理システムの導入状況(2018年)/後編

勤怠管理において大きな影響となるのが、2019年4月から始まる「残業時間の上限規制」だ。開始まで間もないが、企業ではどのような対策を考えているのか。後編では、他社の取り組みを紹介したい。

「スマートフォン」シェア(2018年第3四半期)

国内の携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増の745万台だった。iOSの新製品が前年を上回る出荷を実現し大きくシェアを回復した。Android陣営はベンダーによって勝敗が分かれた。

勤怠管理システムの導入状況(2018年)/前編

308人を対象に勤怠管理システムの導入状況を聞いた。勤怠管理システムの導入状況と勤怠管理システムに関する不満などを聞いたところ、現場から怒りの声が寄せられた。

これから5年でCRMはどう変わるのか、ガートナーが2018年版“未来予想図”を発表

ガートナー・ジャパンが「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。顧客の満足度を上げ、収益を最大化するための新しい技術にはどのようなものがあるのか。30項目のキーワードが並んだ。

「PC」シェア(2018年第3四半期)

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比19.1%増の197万台で、2四半期連続で20%近い伸びを見せた。Windows 10移行に伴うPCリプレース需要はいつまで継続するのか。

業務PCの利用状況(2018年)/後編

Windows 10への移行が本格化する中、先行する利用者からは、業務アプリケーション側の対応方法や利用時の問題点の指摘があがった。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比0.2%増の383億6200万円だった。前年同期と比べて1位以外の順位が全て入れ替わった。

「2018」に関するIT製品情報

HCI市場動向:好調を続けるDell EMCとNutanix 「富める者がさらに富む」結果に

Dell EMC

2018年第1四半期のハイパーコンバージドインフラ市場は、Dell EMC、VMware、Nutanixが優位を保ち、急成長するこの分野の大半を占めた。

2018年度版脅威レポート:猛威をふるう“クリプトジャッキング”とは

ウェブルート株式会社

組織やエンドポイントを狙う脅威が深刻さを増す現状において、脅威そのものの形態や性質を知り、傾向分析することが何よりも重要だ。グラフと文章で編まれた最新レポートから、エンドポイントセキュリティの理想像を捉えたい。

サイバー攻撃レポート2018:「正規」を隠れみのとする標的型攻撃への対策は?

トレンドマイクロ株式会社

2017年に確認された標的型サイバー攻撃では、Windowsの標準コマンドや正規ツールなどを隠れみのとする「気付けない」攻撃がますます増加している。本資料では2017年のサイバー攻撃動向から、有効な対策を探った。

改正個人情報保護法やGDPR順守のために“ファイル暗号化”が欠かせないワケ

アルプス システム インテグレーション株式会社

2018年5月25日に適用開始されたEUの「一般データ保護規則(GDPR)」をはじめ、データ保護関連の制度は強化されつつある。法の規定と、現在の世界的なセキュリティ事情を知り、最適なセキュリティ対策に刷新していく必要がある。

2018年度税制改正で加速する、年末調整手続き電子化への動き

株式会社日立ソリューションズ

年末調整の電子化は進む一方であり、2018年度税制改正によって、2020年からは証明書データも電子提出が可能になった。企業として、雇用側・労働者側双方の負担を軽減する、年末調整の電子化について、いまから検討しておくべきだろう。

「2018」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。