「1S 意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「1S 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「1S 意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「1S 意味」に関するIT製品情報

帳票統合スプールサーバ Report Director Enterprise(RDE)  2016/05/15


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム | 文書管理 | 統合運用管理

製品概要  マルチプラットフォーム環境における帳票システムの統合・集中化を実現する帳票統合スプールサーバ。基幹システムの帳票運用と全社帳票文書を一括管理、出力環境を統合化。

オススメユーザー  業務ごとにバラバラの帳票システムを統合し、運用・保守コストを改善。全社規模の帳票データを一元管理したい企業。


戦略情報会計システム OPEN21 SIAS  2018/05/08


ICSパートナーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本会計450万円〜 (税別)

カテゴリ  会計システム | 文書管理 | BI | DWH

製品概要  決算業務処理の機能に加え、「エビデンスなどの関連情報のLINK機能」、「会計情報の分析加工用のBI機能」を搭載した、マネジメント・データウェアハウス。

オススメユーザー  文書管理システム・BIシステムとそれぞれのシステムを個別に構築して、会計システムとの連携を図っている企業。


クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud  2017/05/26


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額3万円〜※税別

カテゴリ  BI | ビッグデータ | ETL | データ分析ソリューション

製品概要  様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

オススメユーザー  業務現場でデータを可視化・分析し、有効に活用したい企業。難しくて使いづらいBIツールの運用に課題をお持ちの企業。


クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud  2017/05/26


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額3万円〜※税別

カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム

製品概要  国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。

オススメユーザー  信頼性の高い帳票ソリューションを探している企業。業務システムやクラウドソリューションと連携させて運用したい企業。


集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum」  2018/03/31


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

製品概要  企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。

オススメユーザー  社内データを現場レベルで有効活用したい企業。Excelでの集計業務を効率化したい企業。


「1S 意味」に関するセミナー情報

SS1オンラインセミナー

ディー・オー・エス


開催日

 12月15日(金)〜8月31日(金)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  IT資産管理 | 統合運用管理 | その他運用管理関連

概要  株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

オススメユーザー  情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


100分で学べる!SVF製品まるわかりセミナー 注目

ウイングアーク1st


開催日

 5月25日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム

概要  1万9500社超に導入いただいた、国内シェアNo.1(※)帳票ツール「SVF」は、その圧倒的な実績と機能で帳票システムの基盤化を実現いたします。本セミナーでは帳…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー

ウイングアーク1st


開催日

 6月13日(水)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム

概要  SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜

ウイングアーク1st


開催日

 6月20日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム

概要  時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


IoTとAIによる品質管理 事例セミナー

日立ソリューションズ/日立ハイテクソリューションズ/ウイングアーク1st


開催日

 5月25日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  データ分析ソリューション | BI

概要   近年、IoTの進展により様々な設備から大量のデータを収集することが可能になり、どのようにデータを活用するかが課題となっております。 本セミナーでは、設備の故障…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


「1S 意味」に関する特集



 「暗号」と「2010年」の2つのキーワードから連想するものと言えば、「暗号の2010年問題」であろう。(参照:暗号技術の世代交代「2010年問題」) しかし、あまり知られていないが注目すべきポイントがもう1つある。それは、暗号を含む情報セキュリティの国際標準化組織ISO/IEC JTC1/SC27(以下SC27と略)が2010年の今年、設立20周年を迎えたことだ。10月にはこの20周年を祝い、記念本の出版や記念のイベントが行われる予定となっている。 SC27は図1に示すように、5つのWG(ワーキンググループ)から構成されている。暗号関係はWG2が担当し、現在日本がコンビーナ(議長)を務め、暗号関係の国際標準化をリードしている。 SC27/WG2で扱っている規格はSC27内でも群を抜くほど数多くある。しかしながら、それぞれの規格の中にどのようなアルゴリズムやプロトコルが規定されているかをまとめた文献に一度もお目にかかれたことがないので、SC27/WG2の取り組みについて3回にわたってまとめてみたい。


カテゴリ  暗号化 |


「1S 意味」に関するニュース



 レジェンダ・コーポレーションとセカンドサイトは12月8日、人材採用活動における初期選考(応募者属性情報や適性検査結果による選考)を自動化するサービス「1st JUDGE(ファーストジャッジ)」を発売した。本サービスでは、応募者の属性情報などから採用担当者が複合的に判定していた選考基準を、過去の応募者デ…


カテゴリ  人事管理システム |




 ウイングアーク1stは、電子活用ソリューション「SPA」を合同製鐵が導入し、約22万のファイルを電子化したと発表した。合同製鐵は、鉄鋼製品の多品種多機能メーカーだ。品質保証体制の強化や業務フローの効率化、顧客へのサービスの強化、コンプライアンス体制の拡充などに取り組んでいる。その一環として、基幹シス…


カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム




 オンキヨーデジタルソリューションズは3月27日、業務用途向け10.1型Androidタブレット「ACT-101S8」の出荷を開始する(オープン価格)。本製品は、用途を外部電源稼働専用とし、内蔵バッテリーによる継続稼働時間を、停電時やACアダプターの脱着間などの短時間内に割り切っている。これにより、バッテリーの性能容…


カテゴリ  タブレット |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「1S 意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ