「1985年 日米電気通信協議」から探す!IT製品・セミナー情報

「1985年 日米電気通信協議」 に近い情報
「198」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「1985年 日米電気通信協議」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「198」に関するIT製品情報

携帯電話使い分けサービス 「モバイルチョイス“050”」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用、番号登録料、月額基本料:無料国内一般固定電話宛、国内携帯電話宛、PHS宛:19.8円/分( 国際 中国宛:70円/分)※税抜

カテゴリ  MDM | 認証 | モバイル通信サービス

製品概要  専用アプリを起動して発信するだけで、スマホ・携帯電話をプライベートとビジネスで使い分けることができるサービス。電話回線を使うので音質も安心。基本料金は無料。

オススメユーザー  個人が所有するスマホ、携帯電話のビジネス利用(BYOD)を推進中もしくは検討中の企業。通信費の精算処理を簡単にしたい企業。


クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS  2017/06/22


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:なし基本サービス月額:  Standard VDI @3800円 × 20 ID  Feather SBC @1980円 × 24 ID※税別

カテゴリ  VDI | シンクライアント

製品概要  「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

オススメユーザー  シンクライアント/VDI環境をコストや運用負荷をかけずに導入したい企業や、とりあえず始めてみたいと考えている企業。


セルフサービスBI 軽技Web  2016/12/10


富士電機

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 198万円〜(税別)

カテゴリ  BI | データ検索ソフト | データ分析ソリューション

製品概要  導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

オススメユーザー  システム部門を介さずユーザ部門でデータ検索・分析したい企業。セルフサービスBIにより社内データを活用したい企業。


エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス  2017/03/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 基本プラン (1〜24ライセンスまで)年額費用:3000円 /デバイス※税別

カテゴリ  アンチウイルス | タブレット | スマートフォン | リモートアクセス | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。

オススメユーザー  社員がビジネスで利用するAndroidモバイルのセキュリティを手間なく強化したい企業の管理者。


Webサイト変換ソリューション 「pronel」  2017/04/28


KSK

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 Enterprise Edition:198万円(保守:29万7000円/年)Developer Edition:38万円(保守:5万7000円/年)※税別

カテゴリ  スマートフォン最適化 | その他WEB構築関連

製品概要  PC用に構築されたWebサイトや社内システムをスマートデバイス、モバイル端末に最適化するミドルウェア。スマートデバイス対応のための工数を削減し、閲覧数アップに貢献。

オススメユーザー  自社のWebサイトや社内システムを、PCだけでなくスマートフォン、タブレットなどスマートデバイスからも閲覧可能にしたい企業。


「198」に関する特集



 Windows XPのサポート終了が2014年4月9日に迫っています。サポート終了後は、OSの脆弱性が発見されたとしても修正パッチがリリースされることはなくなるため、極めて危険な状態に晒されることになります。サポート終了したからといって、そうそう脆弱性が攻撃されることは無いと思われるかも知れませんが、過去の例で言うと、2010年7月13日にWindows XP SP2のサポートが終了した際には、そのわずか2日後にWindows XP SP2も影響を受ける「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2286198)」のゼロデイ攻撃を行うマルウェア“Stuxnet”が出現しています。 脆弱性攻撃を行うマルウェアは今日では極めて一般的で、エフセキュアセキュリティ研究所の調査では、コンピュータウイルスのTOP10の攻撃総数のうち、およそ83%は脆弱性を利用したものでした。Windows XPのサポート終了後は、普通のアンチウイルスソフトを導入しているだけでは、こうした攻撃からコンピュータを守るのには不十分と言えます。我々セキュリティベンダとしては、こういった点を踏まえ、サポート終了までにサポートされているOSへ移行することを強く推奨しますが、アプリケーションの互換性やコストの問題などで難しい状況にある方も多いとは理解しています。エフセキュアでもデスクトップ向け製品では2016年6月30日まで、Windows XPのサポートを延長することを決定しました。 では、サポート終了後になるべく安全にWindows XPを使用するにはどうすれば良いでしょうか。考えられる対策としては以下のものなどがあります。それぞれ色々なソフトやアプライアンス等で実現可能ですが、エフセキュアでも可能な製品をリリースしています。


カテゴリ  アンチウイルス | ファイアウォール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「1985年 日米電気通信協議」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ