「順番受付NEC」から探す!IT製品・セミナー情報

「順番受付NEC」 に近い情報
「順番」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「順番受付NEC」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「順番」に関するIT製品情報

待ち行列管理システムQMATIC(キューマティック)  2015/08/15


ベッセル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  受付システム | デジタルサイネージ

製品概要  窓口受付における順番待ちのストレス解消による顧客サービスの向上、待ち時間の縮小、ワークフローの改善などを実現する待ち行列管理システム。

オススメユーザー  旅行代理店、薬局、病院、百貨店、官庁など。待ち時間を縮小したい企業・団体。


「順番」に関する特集



  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とした「ファジング」による脆弱性検出の有効性の実証結果を公開した。2011年12月から2012年2月の間にブロードバンドルータ6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種で合計6件の脆弱性を検出した、といった内容を紹介している。読者の皆様は、「ファジング」という技術をご存じだろうか。 「ファジング(Fuzzing)」とは、ソフトウェア製品などに何万種類もの問題を起こしそうなデータ(例:極端に長い文字列)を送り込み、ソフトウェア製品の動作状態(例:製品が異常終了する)から脆弱性を発見する技術である。 ファジングのイメージが図1となる。図1では「問題を起こしそうなデータ」を1つ送るたびに対象ソフトウェア製品が応答することを確認している。「問題を起こしそうなデータ(1)、(2)」と順番に送り、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで対象ソフトウェア製品から応答がなくなってしまった。対象ソフトウェア製品のこの挙動を異常とみなすと、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで「脆弱性を発見!」となるわけだ。ファジングとは、対象ソフトウェア製品に問題を起こしそうなデータを片っ端から送ってみて、力ずくで脆弱性を発見する技術と言える。


カテゴリ  セキュリティ診断 |


「順番」に関するニュース



 リクルートライフスタイルは、受付管理アプリ「Airウェイト」で、客がWeb上で順番を予約できる機能をリリースした。Airウェイトは、iPadとプリンタを用いて受付業務を行えるアプリ。紙台帳や専用端末による顧客管理が不要になる。今回の新機能は、客が来店せずに順番予約をPCやスマートフォンから、メールアドレス…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | CRM



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「順番受付NEC」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ