「電子帳簿保存法 中小企業」から探す!IT製品・セミナー情報

「電子帳簿保存法 中小企業」 に近い情報
「電子帳簿保存法」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「電子帳簿保存法 中小企業」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「電子帳簿保存法」に関するIT製品情報

Pandora-AX  2016/12/26


NTTデータビジネスブレインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 最小5クライアントライセンス 150万円〜(税別)

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム

製品概要  e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。

オススメユーザー  高度な帳票セキュリティ強化と帳票データの活用・業務改善・電子帳簿保存法への対応をお考えの企業。


統合電子帳票基盤パッケージ Paples/パピレス  2016/03/01


日鉄日立システムエンジニアリング

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 150万円(税別)〜

カテゴリ  電子帳票システム | ERP | 生産管理システム | 帳票管理システム | 文書管理

製品概要  帳票の作成から取り込み・電子保管・活用・出力までの機能をオールインワンで備えた電子帳票基盤パッケージ。様々なシステムの帳票をペーパーレス化し各種法令対応も。

オススメユーザー  帳票のペーパーレス化・帳票活用・電子配信、帳票管理・運用の効率化、電子帳簿保存法対応を検討している企業。


intra-mart 文書管理ソリューション  2016/12/15


エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 intra-mart Accel Documents 〜50ユーザ 80万円よりintra-mart Accel Archiver 〜50ユーザ 60万円より※税別

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。電子帳簿保存法にも対応している。

オススメユーザー  業務で発生した文書の保管・再利用にお困りの企業。文書の作成プロセスに課題をお持ちの企業。


電子帳票システム「活文 Report Manager」  2017/06/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 140万円〜※税抜

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム

製品概要  Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる!

オススメユーザー  ・基幹帳票、国税関係帳簿・書類のペーパレス化や、運用コストを削減したい企業・電子帳簿保存法の申請を検討している企業


「電子帳簿保存法」に関するセミナー情報

電帳法・スキャナ保存への対応と、経理・財務部門の業務改革手法

JBアドバンスト・テクノロジー/コクヨ/NTTデータビジネスブレインズ


開催日

 8月23日(水)

開催地 神奈川県   参加費 無料


カテゴリ  帳票管理システム | その他基幹系システム関連 | オフィスソフト

概要  電子帳簿保存法はスキャナ保存による要件緩和を中心に、ペーパーレス・コスト削減を促進させる動きが出てきています。しかしながら、電子帳簿保存法に対応したとしても、そ…

オススメユーザー  全社スタッフ|情報システム部の統括|経営者CIO


「電子帳簿保存法」に関する特集



電子帳簿保存法における施行規則の改正で企業会計に大きな変化が訪れています。2015年に引き続き、更にスキャナ保存の要件が緩和された電子帳簿保存法のポイントについて徹底解説。経費精算が劇的に変わります!


カテゴリ  会計システム |




法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請した企業はごく少数。厳しい規制を設けていた電子帳簿保存法の改正で規制が緩和された。何がどう変わったのか?


カテゴリ  文書管理 |




税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくるだろう。製品選びで押さえておくべきポイントは何か?


カテゴリ  文書管理 |


「電子帳簿保存法」に関するニュース



 インフォコムは、Web請求書配信クラウドサービス「eco Deliver Express」に、電子帳簿保存法に対応する機能を追加した。本サービスでは、日々の業務や取引で発生する請求書や納品書、支払通知書などをWeb経由で配信できる。今回の主な新機能では、請求日・請求金額・請求先を組み合わせた検索を行える他、法律が定…


カテゴリ  電子帳票システム | 文書管理




 NTTデータビジネスシステムズは、ウイングアーク1stと協業し、電子帳簿保存法のスキャナー保存に対応した「e-文書連携オプション」の提供を4月1日より開始する。経費精算時にスキャンした領収書などの画像データを添付することで、タイムスタンプ付与から電子文書長期保管までシームレスに連係できる。本製品は、稟…


カテゴリ  帳票管理システム | 会計システム | 文書管理




 アンテナハウスは、領収書や請求書などの証憑書類の紙原本を電子化保存して紙原本を廃棄するための、電子帳簿保存法(電帳法)の「スキャナー保存」の要件確保を支援するソフトウェア「ScanSaveネットワーク接続版-V2.5」をリリースした。大規模企業の運用に耐えるよう、同時ユーザー接続制御機能などを強化した。…


カテゴリ  帳票管理システム | 文書管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「電子帳簿保存法 中小企業」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ