「難読化 暗号化 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「難読化 暗号化 違い」 に近い情報
「難読化 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「難読化 暗号化 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「難読化 違い」に関する特集



 前回はWeb誘導感染型マルウェアの概要を説明した。 Web誘導感染型マルウェアでは攻撃者が感染ホストを長生きさせるため、また攻撃手法やそこで使用されるファイルを解析させないために様々な技術を用いている。その中でも今回は、マルウェアが設置されているサーバ上に実装されているアクセス制御と、JavaScriptの難読化について紹介する。 (なお、記事で説明するのはあくまでサンプルの機能であり、すべてのWeb誘導感染型マルウェアがここに記載したすべての機能を実装しているわけではない。)


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 前回はWeb誘導感染型マルウェアが使用しているアクセス制御とJavaScriptの難読化について説明した。今回は、JavaScript上でユーザの環境を判定した後に使用されるExploit(exploit code)と、そのExploit成功後どのようにマルウェアが感染してくるのかについて解説する。 JavaScript上ではさまざまなユーザの環境にあわせて攻撃できるように多様なExploitが用意されている。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「難読化 暗号化 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ