「阪急コミュニケーションズ」から探す!IT製品・セミナー情報

「阪急コミュニケーションズ」 に近い情報
「阪急」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「阪急コミュニケーションズ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「阪急」に関する特集



 急速に成長を続けるIoT(Internet of Things)市場は、国内の様々なシーンで活用され始めている。前回は、兵庫県伊丹市と阪急阪神HDが取り組んだ新たなIoTサービスの構築事例を紹介した。今回は、慶応義塾大学と神奈川県藤沢市が取り組んだ新たなIoTサービスの実証実験プロジェクトを紹介する。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 昨今、世界的に急速に成長を遂げているIoT(Internet of Things)は、人々の暮らしや企業のビジネスだけでなく、公共サービスにも新たなイノベーションを生み出すポテンシャルを秘めている。しかし、その実態はあまり知られておらず、結局IoTを遠いもののように感じている方も少なくないのではないだろうか。 そこで本連載では、実際の活用例を具体的に紹介していくことで、IoTの活用イメージはもちろん、どのような用途にどのようなIoTソリューションが必要なのか、その勘所がつかめるような記事としたい。 今回は、兵庫県伊丹市と阪急阪神HDが取り組んだ新たなIoTサービスの構築事例を紹介しさせていただく。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 オリンピック招致の最終プレゼンテーションで滝川クリステル氏が日本の特徴として「お・も・て・な・し」と言葉を印象深く話をしてから、色々なところでこの言葉を数多く聞くようになった。最近出席した取引先のパーティーでも、招待された外国人も日本人もこの言葉をスピーチで乱発していた。今年の流行語大賞も受賞した。雑誌などにも「おもてなし企業」などの特集が見かけられる。 しかし、福島原発の震災時及びその後の東電の対応、最近のJR北海道、高級ホテルや高級デパートの食材偽装、楽天の優勝セールの偽装価格などを見ると、私は残念ながら日本はとてもオリンピックで世界に誇れる言葉をしての「おもてなし」とは程遠く、「表」よりの話はほとんどなく、「裏」の実態ばかりが目につくと感じている。 特に「和食」がユネスコの世界資産に登録されたと騒いでいるが、偽装食材の件は、最初阪急阪神ホテルの問題かと思いきや、すぐに私も私もと偽装を有名ホテルからあらゆる高級飲食や百貨店などにあっという間に拡大して公表合戦となり、そのうちに誰も責任を取らなくなった。 そもそも「おもてなし」という言葉を考えてみると、「お・も・て・な・し」を受けたかどうかは受けた側が決める事であり、サービスを提供した側が自ら「うちは“おもてなし”がスゴい」というのはおかしな気もするが、どうだろう。最近はどうも提供している側がこの言葉を多用して、押し付けられた「お・も・て・な・し」感が強いように思えるのだ。


カテゴリ  サービスデスク | コールセンター/CTI



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「阪急コミュニケーションズ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ