「開発環境 仮想化」から探す!IT製品・セミナー情報

「開発環境 仮想化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発環境 仮想化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発環境/BaaSとは?

BaaS(Backend as a Service/バース)とはアメリカのKinvey社が提供開始して以降、数々の企業が参入し続けている、スマートデバイスに向けた新しいクラウドサービスの総称。従来はクラウドといえばIaaS/PaaS/SaaSの3種と考えられてきた。そこに新しく登場したBaaSの位置づけは、PaaSとSaaSの境界部分といったところ。BaaSはもともと、スマートフォンやメディアタブレットのネイティブアプリケーションの開発効率を上げる目的で作られた。クライアントでの処理がメインになる業務の中で、できるだけサーバサイドの開発をなくすようにするのがBaaSである。

「開発環境 仮想化」に関するIT製品情報

Systemwalker Service Catalog Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。(個別見積もり)

カテゴリ  開発環境/BaaS | サーバー仮想化 | シンクライアント | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール

製品概要  企業内の業務アプリケーションを短期間でSaaS化、共有できる環境を提供するソフトウェア。開発・提供期間の短縮が可能で、関係会社へ提供する際に利用料金の明確化も可能。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化/クラウド環境で、業務アプリケーションの共有を検討している企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「開発環境 仮想化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ