「開発手法の違い 成長」から探す!IT製品・セミナー情報

「開発手法の違い 成長」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発手法の違い 成長」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発手法の違い 成長」に関する特集



 今回はアジャイル開発手法のひとつである“スクラム開発”を取り上げ、メンバーのモチベーションを上げるチームの作り方と、プロダクトを成長させる開発のコツを前後編に分けてご紹介します。


カテゴリ   |




 「第1回 成果が劇的に簡単に出る、アジャイル開発の3つのポイント」 では、アジャイル開発がもたらした劇的な成果と3つのポイントをご紹介しました。その要点は、関係者全員を一つのチームにして、継続的な学習の仮説検証サイクルを回すことでした。 第2回は、アジャイル開発手法の1つ、「スクラム」を取り上げ、「スクラムマスター」という役割と実践のコツをご紹介したいと思います。スクラムマスターとは、チームの「成長」や「ビジネス成果」を最大化できるように促進する重要な役割を担っています。


カテゴリ  システムインテグレーション |




 「第2回 チームの「成長」を最大化する、スクラムマスターの役割」では、アジャイル開発手法の1つである「スクラム」を取り上げ、「スクラムマスター」という役割と実践のコツをご紹介しました。その要点は、チームの「成長」を最大化するために、メンバーの一人ひとりが作業や課題の本質を考え、自律して行動できるチームを作ることでした。また、そのチームを作るためには、サーバントリーダー(奉仕型のリーダー)の役割を担うスクラムマスターの存在が重要でした。 本記事は、読者のみなさまのおかげで、2014年度下半期読者評価点部門で最優秀賞を受賞しました。ありがとうございました。今後はさらに、みなさまのお役に立てるよう精進して参ります。


カテゴリ  プロジェクト管理 | システムインテグレーション



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「開発手法の違い 成長」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ